ブログ紹介

プロフィール

はじめまして。オニカワシブコと申します。離婚歴あり(バツイチ)です。

バツイチの恋愛や子持ちの真剣な恋愛での悩みについて、ブログで体験談や実際にお受けした相談を紹介しています。

20代後半で結婚、出産、別居。(妊娠中からワンオ育児。シングルマザー)

30歳になる前に正式離婚をしました。

現在は40代です。

この記事では、私の結婚・離婚・アラフォーで恋活を始めた経緯についてご紹介します。

同じような境遇や悩みを持った方の参考になれば嬉しいです。

元結婚相手との出会いと離婚まで

学生時代からの友人の紹介で、彼女の上司だった元夫と恋愛結婚をしました。

出産を控える頃から彼の仕事が忙しさを極め、朝帰りになる日々が長く続いていました。

当時の私は「仕事が本当に大変なんだ」と思いながら過ごしていました。(←ばか)

 

出産してからは、夫は着替えに自宅に帰る程度で休みの日も出社。それなのに、家計は火の車で、私も仕事を再開することにしました。

久しぶりに密室育児の世界から社会にでることで、周りの人との関わりをもつようになり、育児・家事・仕事の両立は大変でしたが、張り合いのある日々でした。

 

職場でも親しい友人ができました。

夫が仕事で忙しいため、基本的に会社帰りや休日に時間をとれることが無かったのですが、ある年の瀬に、私の自宅で会社の友人を招き食事会をしようという事になりました。

色々な話をしていく中で、「本当にそんなに忙しいのって…」と友人たちが心配してくれましたが、当時の私は「絶対にそんなのないから。」と笑い飛ばしていました。(←ばか)

 

その後もずっと夫は朝帰りが続き、土日もゴルフや仕事で空けることが多くなっていきました。

元夫は、接待と称する飲み会で飲み過ぎて、警察のお世話になるようになりました。

それでも「仕事が大変でストレスが溜まっているのだから仕方なない」「むしろ夫は頑張っているのだから、私が支えなくては」と、そんな風に思っていました。(←ばか)

結局、仕事終わりに関係者との時間を長く過ごすことで、「〇〇さん面白いね」という評価を得られると思っていた元夫。そして、お酒の席が好きな事も手伝い、お金をどんどん使う。

同じように、接待と称する合コンの数も増える。

最終的には、浮気・借金・暴力が原因で離婚を決意しました。

元夫は、近くに浮気相手を住まわせ、別宅に帰る日々の別居生活が続く中、離婚を何故か承諾せずにいました。

業を煮やした親族が探偵を雇い浮気の証拠を集めて、離婚に至りました。

離婚成立から十数年の恋愛観

当時…というか、元夫との離婚後は、子どもを抱えてとにかく母子2人で生きていくこと。この子を成人させるまでは、倒れるわけにはいかない、という思いで必死でした。

好意的に接してくださる異性はいましたが、男性との恋愛に絶望していたことや、親族の手を借りることができない環境だったため、子育てと仕事に追われ、恋愛というものからは全く遠ざかった十数年になりました。

そして、それで私は満足でした。(自分が再び恋愛をする、という発想自体が欠落していました)

完全母子家庭で日々の暮らしを必死に送っているうちに、月日が経ち、子育てがひと段落しました。

子供と二人きりの生活も幸せでしたが、ふと、仕事帰りの車の中で見る景色や、出張先で美味しいものを食べる機会があった時などに、「誰かと『美味しいね』とか『綺麗だね』とか、言い合えるような人生って、無かったのかなぁ」と思うようになりました。

こどもが独立をすることになり、一人の時間が増えました。

20代で結婚し、すぐに母子家庭状態で走ってきた十数年。

家を空けることもままならなかった間にできなかったことや、やりたかったことにチャレンジしてみたいと思い、趣味の集まりに参加したり、楽器を習ってみたりするうちに、久しぶりに異性に好意を寄せる、という感情を思い出しました。

 

諦めていた恋愛というものを、私もしてみたい。してみようと思い立ち、恋活を始めました。

 

遊びのつもりはないけれど、子どもに複雑な思いや経験をさせてしまった負い目から、「婚活」に踏み切ることはできないと思いながら。

アラフォーのバツイチ恋活

そのため、真剣にパートナーを探すという意味では「婚活サービス」が最も適しているとわかりながら、「恋活」にとどまるサービスの利用をということで、いくつかのマッチングアプリに登録しました。

 

アプリの感想や評価などは、若い人向けのモノであることが多く、初心者の私は戸惑うばかりでした。

それでも、少しずつメッセージのやり取りをしながら進めるアプリでの出会いから、「恋愛が久しぶりでどうしたらいいか分からない」という状態から「恋愛初心者」の状態になりました。

アプリで恋愛に対するリハビリができたのです。

そして、若い頃に「恋愛を卒業」してしまったままの私は、大人の恋愛を知りませんでした。

仕事帰りにちょっとしたデートをすることもなく、子育てと仕事に追われた30代でした。

そういった経験がないため、アラフォーで始めた久しぶりの恋活では、かなり右往左往しました。

 

リアル恋活のきっかけになった出来事に始まり、アプリで出会った男性たちとの出来事について綴っていますが、最終的に私は、今の彼とアプリの中で出会いました。

 

アプリでの出会いではありますが、お互いに子供がいて、お互いの子供との生活を優先できる、穏やかで優しい関係です。

 

彼も恋愛に不器用な人で、かなりの勇気をふりしぼってアプリに登録したと聞いています。そして、そうだろうな、と思う人柄です。

 

お互いにバツイチであることや、結婚生活の終わりに辛い思いをしたこと。

また、恋愛に対して不器用であること。

二人で少しずつ歩み寄りながら、優しい時間を共有できたらいいな、と思えていることが、今の私の毎日の支えにもなっています。

 

こういった体験をもとに、私がこの数年で感じた「アラフォー世代の恋愛」についてをブログで紹介していきたいと思っています。

ブログで伝えたい事

ブログを始めたばかりの頃は、少し前の私のような境遇の女性に向けて、参考になればと思っていましたが、離婚経験から辛い思いをされている男性の方の訪問も多いため、バツイチの方向けの記事も綴るようになってきました。

 

バツイチの彼との対話の中から、また、仕事で関わっている個人相談から得たノウハウ、そして、私が恋活で出会ったバツイチ男性とのお話の中から、お役に立てる情報をピックアップしていきます。

 

私は様々なシーンでの出会いにチャレンジしましたが、最終的にはマッチングアプリで今の彼と出会うことができました。

ただ、全ての方がマッチングアプリが最良の出会いであるか、については違うと思っています。

その代わり、私のように

恋愛が久しぶり

初対面の人に短時間でアピールが苦手

大人数でのパーティが苦手

自分のペースで少しずつ異性に慣れていきたい

恋愛リハビリもかねて恋活したい

と言った方には、アプリはオススメです。

 

基本的には「真面目な出会い」というスタンスでの紹介記事や体験談を書いていきます。「遊びたい」「セフレが欲しい」といった方は対象外になります。

 

ゆっくりでもいいから本気でパートナーと出会いたい、という方は、ペアーズというアプリを私はお勧めします。

今のパートナーとの出会いも記事にしました。(全5話)40代バツイチ同士のリアルなアプリでの出会いです。参考にしてください。

【アラフォーの恋愛】恋人ができないのは「自分に合わない恋活」をしているから真剣に恋活や婚活をしているのに恋人ができないのは、あなたに合った恋活をしていないから。人それぞれの向き不向きや性格があります。自分に合ったフィールドで素敵な出会いをする方法を解説します。...
ペアーズ・マリッシュ・ウィズ・東カレ・東ロマの[特徴・アプリ恋活]の感想恋愛が久しぶりなアラフォーが恋活にアプリを取り入れてみてわかったことについて紹介しています。 真剣な出会いをするにはアプリを選ぶ必要がある。 アラフォーでも出会えるアプリは限られている、ということ。 具体的に解説します。...
マッチングアプリの結婚や離婚は?【テレビ林先生の初耳学】2020/8/16放送2020・マッチングアプリでの出会いってどうなんだろう?と、気になりませんか? そんな方にピッタリの特集が8月16日放送の「林先生...

 

ランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

 

オニカワシブコ
バツイチの40代です。
数年間の恋活の末、アプリで今のパートナーに出会うことができました。
恋愛下手で不器用でも恋人と出会えるためにはどうしたらいいのか?について体験をを交えて綴っています。

▼詳しいプロフィール