男性向け恋愛記事

離婚後はいつまで辛いの?|段階があることを知って着実に立直る方法

こんにちは。結婚してすぐに「夫の浮気・借金・その他」で離婚に至りましたオニカワです。

本業で相談室を主催しており、自身の経験から、離婚コンサルのお仕事や相談にも関わっています。

「離婚」に関するワードで本ブログを訪問される方が増えて参りました。本記事では、離婚後の心境は、時間経過とともに段階的に変化していくという事について解説します。

\簡単に自己紹介/

オニカワシブコ

バツイチの40代です。
数年間の恋活の末、アプリで今のパートナーに出会うことができました。
恋愛下手で不器用でも恋人と出会えるためにはどうしたらいいのか?について体験をを交えて綴っています。

▼詳しいプロフィール

私も実際そうでしたし、相談に見える方も皆さん段階的に立ち直っていかれます。

少しずつですが、必ず回復していきます。

段階をたどりながら必ず前に進んでいるということを知っておいてください。

こんな方におすすめです
  • 離婚でとにかく辛い方
  • 一人になって寂しくてて仕方がない方
  • 孤独でたまらない方
  • 心が押しつぶされそうな方
  • 自己肯定ができない方
  • いつまで辛いのか知りたい方
  • 時間が解決すると言われても実感もなく理解もできない方
  • 他の人がどれくらいの期間で立ち直れるのかを知りたい方
  • もう一生幸せになれないと思ってしまっている方

その離婚理由や、話し合いから離婚に至る経緯など様々なため、極論はひとそれぞれです。

しかし、共通していることもあります。それは、「離婚は大変」ということと、「離婚後は辛い」という事です。

※婚外恋愛がきっかけで離婚に至った方はちょっと異なります

辛いのはあなただけじゃない、という言葉も、また良い人がという慰めも届かず、ひたすらに苦しい時期が続きます。(私もそうでした。)

しかし、時間経過とともに段階を経て立ち直っていくことができますので、どうが今を生きてほしいと思います。

離婚した男性の心境変化について、別記事で3つの実例を紹介しながら触れています。

結論を先に申し上げると、概ね半年後から1年くらいで、次の恋愛に踏み切ろうと思い行動できる方が多い印象です。

実際に離婚経験のある男性の体験談について、本記事の最後にご紹介しますのでご参考ください。

離婚したばかりで辛くて仕方ない、と言った方は、一旦このままお読みいただくことをおススメします。

【離婚】が決まったらやるべき事|辛い時期は「八つ当たり&前向き」タスクで乗り切る離婚が決まった。離婚をした。家族が出て行った。元配偶者が出て行った。 離婚に向かって過ごしている方も、離婚が成立して嵐の後の静かな...

離婚後の心境変化・立ち直るまでには、段階と波がある

回復までの心境変化には、段階があるということと、気持ちにも波があるという事を忘れないでいてください。

特に「波打ちながら回復していく」ということは忘れがちで、少し元気になってきた後に来る落ち込みに、深く沈んでしまうことがあります。

それは回復してきている証拠でもありますので、落ち込まずにその状態を上手にやり過ごすことが大切です。

【最重要】気分の波について確認しておく

離婚後は鬱ににた状態なほど落ち込む場合があります。

気持ちを元に戻すのには段階があり、段階を経て徐々に回復していくのですが、まっすぐ右肩上がりに回復するわけではありません。

イメージとしては、こんな感じです。

時間経過とともに、気分の落ち込みも一番つらい時期よりは落ち込まないようになってくるのですが、実感としてそれがわかるのは、最終の第六段階に差し掛かる頃です。

それでは、各段階ごとの心理状態や、過ごし方などについてみてみましょう。

【第一段階】闇の中

離婚したことを頭では理解していても現実を受け入れられない。

離婚直後から数か月~半年はこの状態になる人が多いです。

後から振り返ると記憶がないことも多いです。

ただ生きながらえている状態

相手への怒りや落胆、自己否定、孤独、、悲しみ、悔しさ、様々なマイナスの思考にとらわれ最も苦しい時期です。

自分が少しでも苦痛な環境に敏感になり、その環境から距離をおく努力ができると、次の段階への移行ははやまります。

食事を最低限摂ること、可能であれば運動や外出をするとよいです。

読書も有効ですが、本を手に取ってみても内容がしっかり入ってこない時期でもあります。読む本の内容を覚える、と言うよりは、「つらい時間をやり過ごす」ことを目的に読書をすることをおススメしますが、できなくても問題ありません。

活字を追うことはできても、内容が滑っていく。そんな時期です。

最も現実的で効果があるのは散歩です。散歩も難しいようであれば、外出する用事がある際に、緑のある場所で5分だけベンチに座ってぼーっとしてみる、と言ったことを試すようにしましょう。

 

【第二段階】現実を理解し始め、本当に辛いと感じる時期

離婚した事、現実を本当に理解し始める時期に入ります。

離婚から数か月(1年以上)が経過しているのにこんなに辛いなんて・・。

あまりの辛さに、ネットで「離婚 辛い」・「離婚 40代」など検索するようになる人もいます。

と苦しみますが、これまでは「離婚した事実を知っていただけ」で、本当に離婚したという現実を理解した」ために、辛さを感じるようになります

この時期には、辛いということが実感できるようになったので、「離婚してから時間が経過したのに、どんどん辛くなっている…」「もう浮上できないんじゃないか…」と不安に襲われることでしょう。

一見、退行している気がしますが、離婚と言う体験から負った心のを自覚できるようになったということなので、退行しているのではなく前進しているのです。

小さな子供が転んだ瞬間に痛みを理解できずにいて、傷口を見たり、周りの大人の表情を見て「泣いてもいいんだ」「痛い」ということを理解する瞬間に似ています。

傷に気が付くことができた。傷ついた自分を受け止める準備ができた証拠ですので、辛いですが前進はしていますので、安心してください。

親しい人に離婚の話を打ち明けてみるものの、相手の励ましの言葉は理解できないのもこの時期の特徴です。

※他社の励ましが理解できる場合は、第三段階に移行している

時間経過とともに、離婚直後の記憶はあまりないけれども、その後にやってきた第二段階の時期の「つらかった記憶」はあることが多いです。

それは、それだけ回復してきているということなのですが、この段階の中にいる時はそれがわかりません。

徐々にですが回復はしてきている時期なのだと理解し、不必要に自分自身をせめることなく過ごしましょう

第一段階に比べると、本が読めるようになってくる人もいます。しかし、本を読んで時間をやり過ごすことができるだけで、内容の理解までは難しいかもしれません。

離婚に関する自己啓発系の本を手にとって繰り返し読んでみても良いですが、理解ができなくても大丈夫です。必要な部分は、必要な時に理解が後から追い付いてきます。

散歩を意識的に取り入れるようにしましょう。そろそろできるはずです。

緑のある場所に行ってみたり、自分がこれまでに足を運んだことが無い場所で過ごすことが非常に有効です。外出自粛要請がある時期には難しいと感じるかもしれませんが、自分の生活圏内ででも、普段と違う路地を歩いてみると、小さな神社や公園が見つかるはずです。

些細な事ですが、非常に有効ですので取り入れてみてください。

私もこの第二段階や第三段階になる頃は、一人きりの日にはひたすらに近所の散策やお墓詣りをしていました。緑のある静かな場所で過ごしたり、それまでに通ったことのない路地をただ歩いたり。

当時はただただ辛いと言う思いでいっぱいでしたが、今思えばあの時間が自分自身を癒す大切な時間だったことが分かります。

【第三段階】押し殺していた自分の気持ちに気づけるようになる

離婚相手を責めたり、自分を責めたり、ようやく半狂乱になれる時期です。

※ただし、元配偶者が毒系の人(モラハラ系)の場合は、自分を責めがちになります。

この頃から少し、人と過ごせる時間を持てるようになってきます。

早い人は、離婚に関する体験談をネットで見た情報を参考に行動したり、離婚に関する本などを手にして読み始め、少しずつ前向きに過ごしたいと思うようになります。

自分自身の気持ちを見つめたりすることができずにいた第二段階までとは違い、自分自身に向き合えるようになったということです。

第二段階とは違う辛さに戸惑う人もいますが、マイナス感情を無理に抑え込むのではなく、周りの人に伝えたり、運動で発散させたりすると徐々に気持ちが楽になっていきます。

この時期の対処法としては、「散歩」と「読書」が有効です。

引き続き散歩は有効です。そして、この時期から「読書」もあなたを支えるようになるでしょう。

第一段階、第二段階の頃には、本を手にしても活字を追うそばから内容がこぼれていきますが、第三段階に入ると、本を読んでいても内容を理解できるようになります

自分が読んでいて楽しめそうなものであれば小説、エッセイ、ビジネス本何でもOKです。

読書をすることで辛い思いをひたすらなぞる時間を減らすことができます。

また、離婚から立ち直るための一つとして、離婚に関する本を読んでみるのもお勧めです。前向きな対策や過ごし方、また離婚をすることが以下に辛いことなのかを、整然と理解することができるようになります。

15年以上前になりますが、私が離婚した元夫との関係でボロボロになっていた頃、離婚経験のある友人がプレゼントしてくれた本を紹介します。

「とりあえず読んで!離婚てすごく大変なんだって理解ができないと、立ち上がれないから」「これ読んだら、何でこんなに辛いんだろう、っていうのが分かるから」と渡されました。

 

 

この本でなくても良いのですが、離婚について淡々と書かれているものを何冊か手に取ってみて、自分が読みやすいなと感じるものを手元に置いておかれると良いでしょう。

 

【第四段階】まだまだ辛いが少しずつ前向きになる

離婚したと言う現実と、自分自身が傷いたということを本当に理解し始める

人と過ごす時間や、かつて好きだったことに時間を費やそうと思えるようになる

第3段階と似ているようですが、第3段階はマイナスな思考のウエイトが大きかったり、自分自身の心の葛藤にさいなまれながらもがいている状態です。

第4段階になると、自分の心の状態を徐々に冷静にみることができるようになり、自暴自棄になることがだいぶ減っています

ただ、楽しいはずの(かつては楽しかった趣味の)時間を持てたとしても、楽しむことはできないことが多かったり、落ち込んだりする自分を責めてしまったりします。

離婚から立ち直るまでの過程で、気持ちの波があるのだということを心に留めて過ごす、という事がとても重要です。

ダメな自分、というレッテルを張りがちの時期。楽しく過ごせる日もあるのに・・。と落ち込む必要はないことを理解すると過ごしやすくなります。

こういったアドバイスを実行しようとしたときに、コンディションが悪いと

自分は何が好きだったかがわからない

と落ち込んでしまう人もいます。

こういったケースはめずらしくないので、「離婚して辛い人が通る道なのだ」とまず理解し、自分を責めたり落ち込まないようにしましょう。

嫌な事や辛いことから距離をとる。また、もし元配偶者とともに過ごした家で生活している人は、可能であれば引っ越しをするとよいでしょう。

好きなことが見つからなくて悩んでしまう人は、無理に何かをする必要はありません

親しい友人との時間を共有したり、静かな場所に足を延ばして過ごしたりすることをしてみても良いです。

緑の多い場所に行くと、気持ちが落ち着く人も多いですので、公園や近所の神社仏閣、郊外の森林などに足を延ばしてみるのもおすすめです。

森林にはハイパーソニック・エフェクト(超高周波)というものがあります。人の耳では感じ取ることができない周波ですが、肌で感じ、それが脳に伝わるとアルファー派が上昇してリラックス状態が観測される。

参照:Wikipediaハイパーソニックエフェクト冒頭を要約

離婚鬱を経験した方鬱状態を経験した方が皆さん口をそろえて言うのは「散歩した」「外へ出た」「公園に行った」「神社やお寺に散歩がてらいった」「緑のある所に行って深呼吸した」ということです。

一度だけではなく、何度か足を運ぶうちに、外に出られるようになり、人と会ってみようと思えるようになり、親しい人に離婚について話ができるようになった。と、皆さん口をそろえて言います。

御朱印のあるような観光名所の神社仏閣に行っても良いですが、少し歩いたところにある小さな社のある場所であったり、森林公園ではなく、近所の河原だったり。

あまり記憶はしっかりないけど、とにかく出かけていたかも。家で一人でじっとしていると辛いから…。と言います。

少しずつ、少しずつですが、こうして立ち直っていかれます。

読書も引き続き有効ですが、第4段階に入ってきているのであれば、「笑う」ための時間をとるようにするのも良いです。

お笑いバラエティや、漫才・コント動画、街散歩バラエティを見てみましょう。

久しく笑っていなかった、笑い方を忘れてしまった、大人の社会人としてのビジネススマイルではなくて、自分時間の中での、自分の笑いを取り戻しましょう

 

【第五段階】リハビリ回復期

友人からの助言が心に残るようになる。実際に前向きな行動に移せるようになり、楽しいと思える時間がでてきます

自分一人の時間が、ただただ辛かった離婚直後に比べると格段に明るくなってきているが、実感がわかないため、過去を思い出して暗い気持ちになったりすると、極端に落ち込んだりすることがあります。

自分を責める必要はないという事を改めて自覚する必要です。

離婚後に手にした、離婚にまつわる本などを改めて読んでみると、内容が理解でき、感動さえ覚えることもあります。

この頃になると、鬱に近い症状だった状態からかなり改善しています。

人によってはまだ不眠が続くこともありますが、自律神経が落ち着いてきて、不必要な自己攻撃を(自責)を行う回数が減ってくれば、自然と前向きになってくるので気にしなくてよいです。

大切なのは、「寝なくては・・」と焦ったり、「自分はだめだ」と思う事の方が良くないので、眠くない、ラッキー本でも読もう。と時間を有効活用するように過ごすとよい。

第五段階で有効なのも「読書」「散歩」「笑い」です。そして、親しい人に離婚について告白することもかなり有効です。

この頃になると、離婚について告白した相手の励ましの言葉が、耳に入るようになってきます。

まだ半信半疑の心持で聞く状態ではありますが、相手の言葉が心に残るようになります。そして、その言葉を縁(よすが)に、一歩踏み出してみようかな、踏み出せるかな…、というところまで回復してきているはずです。

【第六段階】回復期

新しい自分の人生を歩もうと思い始め、行動できるようになります。

新しい出会いを求めたり、何かのきっかけで素敵な人に出会えたりしたら、迷わず恋愛に踏み切ることをおすすめします。

また、しばらくは恋愛とは距離を置きたいのであれば、あたらしい趣味や勉強を始めてみるのもよいでしょう。

自分自身に尽くす、自分を癒したり、楽しんだりすることで、本当の意味で離婚の傷が癒えていきます

必ずしも恋人関係になる人とのつながりにならなくても、可能であれば積極的に人と話をする時間を持つとよいです。

回復期になっても、夜眠れなかったり、気分の落ち込みがある日もあります。

でも、離婚から半年くらいの頃に比べたら、驚くほど回復しています。辛い気持ちはたびたび襲います。それでも、その落ち込みの深さや、回数は徐々に軽減していきます。

辛い時には「ああ、辛い波の時期なんだな…。でも少ししたら収まるから大丈夫だ」と思い、読書・映画鑑賞・散歩・友人との時間などでやり過ごしましょう。

【離婚】が決まったらやるべき事|辛い時期は「八つ当たり&前向き」タスクで乗り切る離婚が決まった。離婚をした。家族が出て行った。元配偶者が出て行った。 離婚に向かって過ごしている方も、離婚が成立して嵐の後の静かな...

まとめ

40代、50代で離婚した方は、だいたい1年後には前向きになっていることが多いです。

実際に、これまでに私がお会いしたバツイチ男性から実際に伺ったお話について、別記事で【3つの事例】とともにご紹介しています。ご興味がある方はご参照ください。

好きになった人がバツイチ男性|彼らの離婚後の恋愛心理と恋愛対象バツイチ男性の離婚後の心境変化と、恋愛に前向きになるまでについてご紹介します。関係を深めていくための付き合い方や、実際にお会いした当事者の方との対談も併せて公開。アラフォー世代の恋愛がより素敵になるよう応援しています。...

半年くらいは第一段階から第四段階までを波打ちながらたどり、そのあとは第四段階から第六段階までの間を波打ちながら進み、その数か月、つまり離婚から9か月~1年後には、暗闇の中から出ている状態になる方が多いです。

もちろん例外もあります。

しかし、回復までの気持ちの波は一定ではなく、上下しながら段々と改善していくものなので、「そういうものだ」「今は少し落ち込んでいる時期」「今は少し疲れているんだな」と深く考えすぎることなく、気持ちを別に置くように過ごしてください。

また、離婚鬱のような症状になった場合は、専門の医療機関の受診もアリです。

私も離婚のときに、友人(女医)から一冊の本をプレゼントされました。

そして数日後、再度彼女から連絡があり、「餅は餅屋だから!心が病気になってる。心療内科で一度診てもらって!」と強くすすめられ、暫く通いました。(もちろん今は元気です)

当時、自分がためになった本をご紹介します。

 

第二段階あたりで手にしました。何度も何度も読みましたが、最終的に第六段階のあたりで内容がようやく本当に入った、と記憶しています

第七段階|回復したら新しい恋をしよう

新しい出会いが、離婚の傷を癒すこともあります

私は離婚後ずっと独り身でしたが、私の知り合いの離婚経験者は、半数が再婚しており、残りの方もすべての方が、普通の独身の方と同じように恋愛をしています

 

バツイチの方は皆、前向きになったら恋愛をしてみたくなった、と仰います。

 

そして、私が最終的に恋人になった今の彼も、1年程は辛くて仕方がなかったと言っています。

前を向こうと思い、パートナーを探そうと動き出してから少しずつ毎日に彩が戻ってきたと話しています。

私と彼の出会いはマッチングアプリですが、真面目にお互いを知り合ってお付き合いに至り、現在も関係は続いています。

アプリには真面目な出会い目的のものから、「ワンナイト」や「大人の割り切った関係」と言ったものまであります。ご自身が望む出会いを目的としたものを探すと良いでしょう。

ただし、気持ちがデリケートな時には、本気でこれからのパートナーを探す目的で利用できるアプリに登録されることをお勧めします。

マッチングアプリであれば、自分の気持ちが整っている時に少しずつ、異性との交流ができます。ラインやメールアドレスなどの交換をしなくとも、アプリ内で「いいなと思った人」とだけやり取りができます

男性は有料登録をしないとメッセージの交換ができないものが殆どですが、マッチングするまでは無料登録のまま利用が可能のものもあります。

私は色々な恋活をしましたが、アラフォーになってから出会いが激減してしまいました。

マッチングアプリの利用にはかなりの抵抗がありましたが、いくつかのアプリを利用した結果、最終的に今の彼とペアーズというマッチングアプリ出会うことができました。

登録だけなら無料ですので、一旦会員登録をしてから、アプリ内での会員検索や、コミュニティという機能などを利用して、女性会員の雰囲気を見てみるのも良いと思います。

Facebook連携での登録をすると、Facebookでつながっている人から見えなくする機能を利用できますが、私は電話番号登録で利用を開始しました。

どちらでもOKだと思います。登録サイトもご紹介しておきますので、良かったら見てみてください。

冒頭でご紹介した「離婚男性の声の記事」はコチラからお読みいただけます。

また、マッチングアプリで出会ったバツイチ男性との体験談も綴っていますので、ご参考ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

遠回りした恋活が一変!アラフォー女性でも出会い恋人を作る本当のやり方恋人が欲しいと思い立ったのが30代後半。出会いを真剣に探していたけれどうまくいかないまま40代に。40代が本気で恋人を作りたいと思ったらコレしかなかったのです。そして、今は彼と穏やかな時間を過ごせています。...
オニカワシブコ
バツイチの40代です。
数年間の恋活の末、アプリで今のパートナーに出会うことができました。
恋愛下手で不器用でも恋人と出会えるためにはどうしたらいいのか?について体験をを交えて綴っています。

▼詳しいプロフィール
関連記事