マッチングアプリ体験談

40代マッチングアプリ体験談14|会社経営者Mさん(40代)「終焉に向かう」

本記事では、私が2度目にマッチングアプリを利用した際に出会ったMさん(40代後半)とのお話の続きです。

Mさんとのお話を最初からお読みになりたい方はコチラからどうぞ。

真剣にパートナーを探すための一つの手段として、恋愛アプリを取り入れてみる一助になれば幸いです。

▼40代の恋愛アプリ恋活体験記事一覧はコチラ

最後のデート?

東カレロマンスで出会ったMさんとのデートを重ねましたが、関係が進展する気がせず、もうお会いしないとお伝えしましたが、「会って話を…」という事になり、もともと予定していたデートの日にお会いすることにしました。

何事もなかったかのようにふるまう?Mさん

その日は、お見せしたい景色があります。

ということでMさんアレンジのデートの予定をそのまま受け入れる形になりました。

待ち合わせ場所にやってきた車はまたもや違う車…。(車、本当にお好きなんだなと)

会っていきなり「もう会いません」と詰め寄るのも憚(はばか)られたので、特に触れずにいると、Mさんも何事もなかったようにふるまっていました。

Mさんおすすめの美術館を案内してくださり、隠れ家的なお蕎麦屋さんに連れて行ってくださった後、

実は今日、友人が料理をしてくれたものを取りに来ないかと言ってくれているので、良かったら立ち寄りたいのですが如何ですか?

と提案されました。

その友人の方は、Mさんが唯一(?)親しくされている方でした。Mさんがそのご友人について語られ情報としては、

  • クルーザーを持っている(かつての海仲間)
  • 会社を経営している
  • 別荘を持っている
  • 大金持ちの外国籍のお友達がいる
  • アウトドア料理が趣味
  • 私の住まいの近くに住まわれている

です。そして

ご迷惑でなければ、友人にシブコさんのことを紹介したいのですが…

と言われました。どのように紹介されるかは気になりました。

Mさんとの最期のデートになるかもしれないのだから、Mさんが私に対してどんな気持ちで接しているのかをしっかりと受け止めていこうと思っていたので、そのご友人のところに立ち寄ることにしました。

友人の方について語るMさんは…

そのご友人のご自宅に向かう途中でMさんは、そのお友達が「どれだけ自分が彼に尽くしているか」「彼がどれだけ自分に尽くし返してくれているか」「彼の所有している不動産がどれだけすごいか」「彼にはお金持ちのお友達がいて、その恩恵を自分も受けることができている」というお話をしていました。

その話を聞きながら「Mさんは、いわゆるスペック的なものに重きを置く価値観なのかも…」と、以前にもまして強く感じました。

友人紹介で私のことをなんと紹介するのか…

友人のご自宅に到着する段になり、やはりモヤモヤした気持ちが浮かんだのでMさんに切り出すことにしました。

Mさんはそのお友達の方のことが大好きなんですね。
そうですね。自分は友達と呼べる人間が正直いません。知り合いは多いですが…
ですが、〇〇さんは気さくで本当に良い人なんです。毎回何か料理をすると「持って行って」と連絡をくれるし、飛行機代以外は全部タダの海外旅行をアレンジしてくれたり。
見返りを求めないところがいいです。あ。もうすぐ着きます。近くのカフェのパンがテイクアウトできるんです。いつも売り切れなんですけど、今日あったら買っていきましょう

ほどなくしてその方のご自宅前に到着し、「紹介します。」と促されました。

ご紹介は構いませんが、私は一体何と紹介されるのですか?

と尋ねてみました。

一瞬固まったように見えましたが

普通に。オニカワシブコさんです。僕の大切な人です。と紹介します、
大切な人、ですか…。
そうですね。あ、でも恋人とか、彼女と言う紹介ではなくて、「大切な人。友人」という意味でです。

と言われました。なので

でしたら私、車で待っています。お友達の方も気を使われるでしょうし。
そうかな…。大丈夫ですよ?いい人たちなので。
良い人たちなんだろうなと私もMさんのお話から感じています。でもなんだかよくわからないけど女の人連れてきたなぁ。って、不思議な感じになっちゃうこともありますから。私、待ってます。

とお伝えしました。

結論としては、終了を心に決めた

要するに、Mさんは「遊べる手ごろな異性がいたらいい」位に私の位置づけをしていたと思います。

本気でこの女性とお付き合いをしたい、と思ったのならば、数か月の期間デートを重ねる中で判断し、関係をはっきりさせると思いました。

関係性をはっきりさせたがるのも、大人同士の恋愛において野暮かもしれません。でも、煮え切らないMさんの態度に不満の方が大きくなったのも事実です。

大人げないかもしれませんが、私の正直な気持ちです。

同じく、Mさんに対して、私も「どうしてもこの方とお付き合いしたい」「ずっと一緒にいたい」と思えなかったという点では、お互い様でした。Mさんのことばかり言えません。

潮時。本当にこれまでだなぁとしみじみしながら、Mさんがご友人とお話されるのを車の中で待ちました。

Mさんとの関係に悩む

Mさんとはその日、あえて「二人の関係」について触れることなくデートを終えました。

その後ラインのやり取りも続きましたが頻度が少しずつ開くようになりました。

所謂「既読」になるまでの「未読」の時間が以前より長くなったり、「既読」になってから返信までのタイミングがお互いに遅くなっていきました。

毎日数往復だったやりとりが毎日1往復程度になり、毎週のようにしていたデートも、仕事を理由に断りました。

 

大人の恋愛ってどんな感じなのか迷子だった

若い頃のお付き合いは「付き合ってください」「はい」というものしか経験がありませんでした。

30代は恋愛から遠ざかっていたことや、大人になってからの恋愛経験が殆どなかった為、大人の恋愛の始まり方や継続の仕方が分からず迷子でした。

もしかしたら、「お付き合いしてください」というはっきりした告白がないままでも、信頼できる関係であれば、お互いに大切な人との時間を共有できるのかもしれない。

だから、Mさんからの告白がいまだにないけれど「大切な人です」という言葉を素直に受け止めて関係を続けてみるのも良いのかもしれない。

そんな風に考えてみたこともありますが…。

結局、気持ちが凪ぐことはなくもやもやとした勘定ばかりが生まれる関係は終わりにしたい。そう結論図家ました。

恋人、と言わない男性への不信感と、拗らせ思考

「恋人」という言葉を使わないMさんに対しての不信感があったのも事実です。

「大切な人です」という表現は優しくて誠実な言葉であるかもしれませんが、「恋人」という関係に私はなりたかった。

というか、当時は「恋人」が欲しかった、のです。

恋人同士のような関係を続けているのに、関係を表現するのであれば「友人」と必ず言うMさんに対しての苛立ちと不信感がありました。

「遊びなの?」「都合のいい関係?」という考えでいっぱいになりました。

ただ、恋愛における経験値不足や自己肯定感が低かったことと、(とても失礼ですが)Mさんも決して「世間で言われる素敵な大人の男性ではなかった」ため、

  • この男性が女遊びする?
  • この程度の私が、「遊ぶに値する女」であるはずがない

という、よくわからない考えが、私の行動にストップをかけていました。

Mさんのことを好きなのか?ちゃんと向き合ってみよう

Mさんのことを本当に好きなのかどうか?自分に問うてみて、正直よくわからなかったというのもありました。

  • ただ、恋人が欲しいだけじゃないのか?
  • Mさんは生活水準や経済観念が同じくらいでちょうどいい、というだけじゃないのか?
  • Mさんのことを本当に好きなのか?

自分の中で考えてみたけれどよくわからない。

ならば、もう一度、素直に向き合ってみよう。と思いMさんに連絡をしてみました。

うっかり振られる?

Mさんこんにちは。〇日かその翌週あたり、ご都合宜しければお会いしたいなと思ってます。如何でしょう?

すると、めずらしく丸一日既読になりませんでした。

返事が遅くなりすみません。その日は空いていますが、正直どうしようか迷っています。少し時間を頂けますか?

え?何?どういうこと?

とその時は驚きました。

お忙しいのにすみません。お会いしてお話ができれば…と思ったのですが。

この時は、「恋愛が久しぶりなのだから、お相手の気になるところばかりに目を遣っても仕方がない。今あるご縁にしっかり向き合ってみよう。」と言う気持ちでいましたが、Mさんからは翌日長いお返事がきました。

要約すると「引っ張っても不誠実化と思いますのでお伝えします」と前置きがあり

  • 自分が楽しんでもらおうと話をしていても「つまらなそうにしている」ことがある
  • 自分の友人の話をしている時に「生返事」をするようになった
  • 会社スタッフの話をしている時に、積極的に会話を勧めようとしない
  • 前回の帰り際が気に入らない

といった内容でした。

え?もしかして、私振られました?

 

次のお話>>「40代マッチングアプリ体験談15:会社経営者Mさん⑦」

40代のマッチングアプリ恋活リアル体験談記事一覧に戻る>>

 

 

失敗続きのアラフォー恋活からアプリ恋活へ。アプリ初心者が試行錯誤してようやく穏やかなパートナーと成恋!

>>リアルからアプリ恋活→成恋までのダイジェスト記事はコチラ

 

リアルでは出会いが全くなかった私ですが、アプリでは恋愛を目的としている男性との出会いが沢山ありました。

ただ、恋愛が久しぶりだったことで、成恋には至るまでに時間がかかりました

そういった意味では、恋愛アプリを活用しても、すぐに恋人ができるわけではありません。

しかし、出会いがないままに恋人ができるということもありません。

出会いがあるから、パートナーとなりうる男性を探すことができるようになります。

そして、出会いを重ねることで、恋愛に対しての向き合い方が分かるようになり、自分に合ったパートナーと出会うことが可能になります。

私は、恋愛が久しぶりだったこと、恋愛を目的としたときに異性との関わりがとても不器用だったため、今の彼と出会うまでに時間がかかりました。

でも、その時間を無駄だったとは思いません。

そういった、失敗談も含めて赤裸々にご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

>>リアルからアプリ恋活→成恋までのダイジェスト記事はコチラ

マッチングアプリの結婚や離婚は?【テレビ林先生の初耳学】2020/8/16放送2020・マッチングアプリでの出会いってどうなんだろう?と、気になりませんか? そんな方にピッタリの特集が8月16日放送の「林先生...
恋愛偏差値が普通のアラフォーの「いいね」の数で比較!アラフォーにおすすめなのはどれ?アラフォーの恋愛にマッチングアプリは有効なのか?「いいね」はどれくらいで恋人ができるのか?ペアーズいいね平均170、その他アプリ平均いいね数50前後の「普通のアラフォー」の体験談と感想です。個人的な評価リストも大公開。...

おわりに

40代の恋愛は、自分からの一歩がなければ始まりません。

また、自分からの一歩を踏み出すためには「出会い」がなければ始められません。

そのためにも、出会いの選択肢の一つとして、アプリの利用を始めてみてはいかがでしょうか?

複数のアプリを計3回、延べ6つ利用した私が、最後の恋活で利用したのはペアーズというマッチングアプリです。

女性は無料ですので、「出会いがない」「男性とのやり取りに慣れていない」「婚活パーティはハードルが高い」そんな風に少しでも思っているのなら、とりあえず登録してみてはいかがでしょう。

pairs3
ABOUT ME
onikawashibuko
バツイチの40代です。 数年間の恋活の末、アプリで今のパートナーに出会うことができました。 恋愛下手で不器用でも恋人と出会えるためにはどうしたらいいのか?について体験をを交えて綴っています。 ▼詳しいプロフィール
オニカワシブコ
バツイチの40代です。
数年間の恋活の末、アプリで今のパートナーに出会うことができました。
恋愛下手で不器用でも恋人と出会えるためにはどうしたらいいのか?について体験をを交えて綴っています。

▼詳しいプロフィール
関連記事