マッチングアプリ体験談

マッチングアプリ体験談28|散歩が好きなSさん(40代)【恋人になるまで④】

3度目のアプリ恋活、ペアーズで出会ったSさんとの出会いを振り返ります。(前のお話はコチラ)※①はコチラ

今回は2回目デートまでを振り返ります。

▼40代の恋愛アプリ恋活体験記事一覧はコチラ

初デートへの意気込み?

Sさんは、初デートのお誘いの際に

来来週でしたらいつでも大丈夫です。
ただ、〇曜日は出席しないとならない会議が多いので、それ以外だとありがたいです。
でも、シブコさんのご都合に合わせられますので、ご希望を教えてください。
あ。でも仕事はちゃんとしてます。一応。

とのことでした。

結果的に、彼は有休を利用して逢いに来てくれたのですが、この時の話も、二人で思い出しては笑います。

初めてのデートの時はあんなに融通利かせてくれたのに。「いつでも大丈夫です」とか。なのに、今は仕事優先だものね。

と。大人の社会人なので当たり前なのですが、時々チクチクと言ってみたりしています。笑

初デート「夜の部」も楽しかった

初デートは有休を消化して逢いに来てくれたSさん。

そして、ランチだけ…の予定が、お茶も良かったら…、となり、まさかの夜ご飯もご一緒するということに。半日以上一緒にいてもずっと笑っていられる。

緊張もなく、お互いにもっと知りたい、という思いから話が尽きない。

こんなにも心地よい休日は久しぶりで本当に楽しい一日でした。

夜ご飯はパスタ屋さんへ行き、二人とも車だったのでノンアルコールビールで乾杯。

いつかお酒も一緒に飲みたいですね。と、渋滞が解消するタイミングを見計らってその日はお開きになりました。

第2回目のデートは2日後

仕事してるの?大丈夫?という感じですが、初デートの時に次のデートの約束をしました。

Sさんが有休を使ってきてくれたので、目の前に週末が控えていました。

週末、もしお時間大丈夫だったらまたご飯でも…

と照れながら誘ってくれるSさんに、即答しました。

そして、二人とも自然が好きだという理由と、コロナがあるので人込みは避けたいということで、グランピングができる日帰り施設に足を運ぶことにしました。

2度目のデート当日

Sさんはデート当日、朝早くからご自宅を出てきてくださり、午前中に待ち合わせをしました。

まずは買い出し

スーパーへ行きました。カートを押しながらのお買い物。友人と自宅で集まるときにはありましたが、好意を寄せる男性と一緒になんていつぶりだろうかと。

恥ずかしさもありましたが、それ以上に照れている様子のSさん。隣でそわそわと、でも嬉しそうで、多分同じような気持ちだったろうなと思います。

施設までのドライブ

お互いの好きなものを買い、出発です。1時間ほどのドライブが始まりました。

緑の中のドライブはとても気持ちの良いものでした。

すっかりリラックスして景色を楽しむ私と、車と運転が大好きなSさん。

Sさんの運転は穏やかでスムーズでした。運転て人柄出ると思うんですけど、Sさんの運転は安心できたのも良かったです。

出会ったばかりの男性の車に乗ることについて

まだお会いしたことが1回しかないのに、男性の車に乗ってしまっていた自分を振り返り、我ながら大胆だなと。

でも、本当にたくさんの対話をメッセージで毎日やりとりしていたことや、何度もビデオ通話を重ね、長時間初デートを経て、だったので信頼しきっていたのですよね。

そして、その判断に間違いがなかったと今改めて感じているので良かったのかなと思います。

アプリで出会った男性との2度目のデートで、お相手の運転する車に乗ると言う行為については、端的に言えば私も抵抗がありますし、友人に「どう思う?」と聞かれたら「ちょっと早いんじゃない?危なくないかな?」と答えると思います。

この点については、一般的ではなかったのかぁとも、思います。

グランピング開始

施設に到着して受付をすませ、テントに荷物を運んで一息。

外の景色を楽しみながら調理を始めました。

Sさんは料理が殆どできない、と仰っていた通り、本当にまったく、料理ができませんでした。笑

野菜の切り方を教えると、不器用ながらも一生懸命包丁を握り、日の様子を見てくれたり重いものを運んでくれたりする様子に「この人と一緒なら楽しんで人生送れるだろうなぁ」と感じていました。

食べ物の趣味・食事の時間に対する価値観が近い

初めてのデートの時も感じたのですが、「職の好み」はとても大切です。依然出会った男性は(Mさん)、食道楽でしたが、色の好みが合わないところがいくつかありました。

自分の食べたいものを食べられるのが当たり前だったお一人様人生が長かった為、できれば色の好みが近い人が良いなと思っていました。

Sさんはおおよそ、色の趣味が同じ。ガツンとご飯を食べたい!タイプ。私も同じです。

また、忙しい時などは食事がおろそかになりがちですし、一人の食事になるとどうしても丁寧な食事にならないことも多いです。

ただ、好きな人と一緒に頂くご飯は、美味しく楽しんで戴きたい。そんな気持ちで食事の準備をし、同じものをつつきながら笑い合って戴く時間が至福でした。

3度目のデートの約束

初めてのデートが2日前。そして迎えた週末に2度目のデートとなりました。

食事を終えて話をしている時に、翌日の日曜の予定について話が及びました。

Sさんは普段は週末に予定があるとき以外は、当日にフラっと出かけるくらいで基本的には空いていることが多いと聞いていました。

今回は土曜日に私と予定を入れてくれたのだから、翌日はてっきり一人ご自宅でゆっくりと過ごしたいだろうと思っていました。

色々な話で盛り上がる中、

もっとお逢いでいたら嬉しいと欲をかいちゃいます。

と口にすると

ホントに。僕なんていつでも暇ですからシブコさんが良かったらいつでも会いに来ますよ。

と。

本当ですか?
本当です。自分は恋愛とか上手にできないから。アレですけど。毎日だって大丈夫です。仕事があるときはダメですけど。

例えば、明日とかでもシブコさんが大丈夫だったら、僕は嬉しいです。

3度目のデートが決まる

というわけで、2度目のデートの翌日に、まさかの3度目のデートと相成りました。

良い大人が、と思いつつも、やっぱり嬉しかったです。

心を寄せられる穏やかな男性が、自分に会いたいと言ってくださること。こんなことあるのだなぁと。

若い頃のように情熱的に誰かを好きになるというものとは少し違って、じんわりと、「この人と一緒にいたいな」という気持ちがあり、それに沿うことができる週末。

大人の恋愛ってこういう感じなのだな。素敵だな。と。

最初だけ頑張る男性?とかはない

お付き合いまでのSさんは、本当に頑張ってくれていました。「一生懸命私に気持ちを向けてくれている」ということと「その気持ちに行動が伴っている」ということが伝わっていました。

なので、私もわがままを言うことなく、でも素直に「話をしたい」「会いたい」「一緒にいたい」と思ったことを言葉にしました。

そして、「無理はしないで欲しい」ということも添えるように心がけていました。

最初だけ男性は頑張る、とか、付き合い始めたらだんだんなおざりになる、とか。

そう言ったものは本来は無くて、一つ一つ関係が深まるたびに、気持ちが緩んできて、穏やかに、本来のペースで過ごせるようになってくるだけなのだろうな、ということをSさんとのお付き合いの過程で実感しました。

次のお話>>「40代マッチングアプリ体験談29:さんぽが好きなSさん⑤」

 

40代のマッチングアプリ恋活リアル体験談記事一覧に戻る>>

 

 

失敗続きのアラフォー恋活からアプリ恋活へ。アプリ初心者が試行錯誤してようやく穏やかなパートナーと成恋!

>>リアルからアプリ恋活→成恋までのダイジェスト記事はコチラ

 

リアルでは出会いが全くなかった私ですが、アプリでは恋愛を目的としている男性との出会いが沢山ありました。

ただ、恋愛が久しぶりだったことで、成恋には至るまでに時間がかかりました

そういった意味では、恋愛アプリを活用しても、すぐに恋人ができるわけではありません。

しかし、出会いがないままに恋人ができるということもありません。

出会いがあるから、パートナーとなりうる男性を探すことができるようになります。

そして、出会いを重ねることで、恋愛に対しての向き合い方が分かるようになり、自分に合ったパートナーと出会うことが可能になります。

私は、恋愛が久しぶりだったこと、恋愛を目的としたときに異性との関わりがとても不器用だったため、今の彼と出会うまでに時間がかかりました。

でも、その時間を無駄だったとは思いません。

そういった、失敗談も含めて赤裸々にご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

>>リアルからアプリ恋活→成恋までのダイジェスト記事はコチラ

 

おわりに

40代の恋愛は、自分からの一歩がなければ始まりません。

また、自分からの一歩を踏み出すためには「出会い」がなければ始められません。

そのためにも、出会いの選択肢の一つとして、アプリの利用を始めてみてはいかがでしょうか?

複数のアプリを計3回、延べ6つ利用した私が、最後の恋活で利用したのはペアーズというマッチングアプリです。

女性は無料ですので、「出会いがない」「男性とのやり取りに慣れていない」「婚活パーティはハードルが高い」そんな風に少しでも思っているのなら、ペアーズをお勧めします。

pairs3
オニカワシブコ
バツイチの40代です。
数年間の恋活の末、アプリで今のパートナーに出会うことができました。
恋愛下手で不器用でも恋人と出会えるためにはどうしたらいいのか?について体験をを交えて綴っています。

▼詳しいプロフィール
関連記事