バツイチの恋活【体験談】

【アラフォーバツイチ】恋活きっかけ#3【後輩の衝撃の告白は続く】

>>#1から読む

真面目なお嬢様大学出身の後輩は、30歳になる頃に結婚したものの数年で夫のモラハラにより離婚。職場で一番親しい可愛い後輩で、結婚当初から相談を受けていました。

彼女が離婚直前の頃は、私の家に何度か避難してきて、「どうしてこんなに辛い思いをしないといけないのか」と落ち込む彼女の話を聞きながら、二人で泣きながら朝を迎えることもありました。

彼女も離婚依頼ずっと独身で、お互いに何かあると近況を報告し合ったり、私の家に泊まりに来てくれたりして、家族同然の関係でした。

私の転職・引っ越しを機に、以前ほどは頻繁に会うことができなくなりましたが、それでも数か月に1度は連絡を取り合って、食事をしながらおしゃべりをしていました。

 

その日もいつものように近況報告。そして、恋活?というか、自分の人生を充実させようという活動の副次的な効果も狙って(?)、素敵な男性と出会えたらいいな、と。でもうまくいかない…、といった話をしていたら、「実は彼氏とはアプリで出会った」という衝撃の告白。

 

そして、衝撃の告白はまだあったのです。

 

 

「シブコさん…。私、実は今の彼と結婚しようと思うんです」と。

 

驚きました。私の心の中は

え?アプリだよね?ネットでの出会いで?いいの?それで?

どうするの、ご両親へのご報告とかは?会社の上司とかは?

心配というか疑問と言うか。でも、後輩はとても嬉しそうにしていますし、恋人(婚約者?)の写真をニコニコしながら見せてくれます。

 

そういえば…

久しぶりに会う後輩は、短かった髪を伸ばして女性らしくなっていました。シンプルなコーディネートではあるけれども、以前よりもほんのり柔らかい印象の服装。

 

「印象が少し変わったね。今日、何か素敵だけど、良いことあった?」

と開口一番に尋ねた時には、「後でご報告があるんです。」と言っていたけれど、まさかの「婚約報告」だったと言う…。

 

「で…、シブコさんにお願いが一つあるんです…」と持ち掛けられました。

披露宴はやらない予定だけれども、お互いに本当に親しい友人だけを招いたパーティをレストランでやろうと思っている、ということ。そして、その場で挨拶をして欲しい。ということ。更に、「シブコさんの紹介で出会った」ってことにして欲しい、だそうです。

なるほど。

ネット恋活からの結婚となると、私たちアラフォー以上の世代はなじみがないし、親世代への報告もやはり抵抗がある…、ということ。納得。

 

可愛い後輩の為ならば、簡単です、当然快諾。

 

あんなに結婚で辛い思いをした後輩が、幸せになろうとしている。嬉しい気持ちでになりました。そして彼女は

「シブコさんも、絶対良い人いますから!絶対幸せになってほしいです!」と真っすぐに私の目を見て言ってくれました。

私が辛い時期を知っている彼女。同じように結婚・離婚で苦い思いをした彼女が言ってくれた言葉が胸に刺さりました。

 

私にも、パートナー見つかるかな…

誰かと一緒に、ゆっくりと年齢を重ねていけたら…

 

 

同じ景色を見たり、美味しいものを食べたり、お互いに好きな事をしながらゆったりと過ごす休日だったり。

そんな素敵な時間、私も持つことができたらどんなにいいだろう。と。

 

 

それからは、親しい友人から「そろそろ彼氏作れば?」と言われるたびに、実はそう思っている、ということを伝えるようにしました。

 

すると、実は良い人がいるから、と何人かの友人から男性を紹介して貰うことができました。

 

皆さんとても良い方だったのですが、ビジネスパートナーとしてや、友人としてのお付き合いはできても、恋人としての魅力を感じることができずに、何となく関係は進展せず。紹介してくれた友人の手前、気まずくならないように気を遣うことにも疲れてしまいました

 

今までに参加した事のない集まりや、自分の趣味に関係したイベントみたいなものに参加してみたりしましたが、やはり目的が「出会い」ではない為、恋愛対象にしていい男性が少ない。うまくいかないものですね。(当たり前なんですけどね)

 

一通り「アラフォー女性が出会うための場」というものにチャレンジしてみましたが、実際はうまくいかず

そうこうするうちに、アプリ恋活を成功させて再婚する後輩の結婚式の日を迎えました。

結婚式といっても新郎新婦の友人を集めて、小さなレストランで執り行われるパーティのようなもの。年齢層も比較的高めで、終始落ち着いた雰囲気でした。

実は、この結婚パーティで何か出会いがあったらな。と不遜で淡い期待もしていましたが、結果はビジネスパートナーになれそうな方との出会いはあれど、既婚者の方多し

それに、もともとプライベートでは人見知りがあるため、初対面の方との会話は苦手…。何ら収穫は無し。

 

ただ、パーティでご挨拶させて頂いた後輩のご主人がとても素敵だったのが印象的でした。

アプリを利用する男性だから、という偏見がかなりあったのですが、職業は公認会計士さん。真面目で堅実そう。ちょっとふっくらしているけれど、柔らかな印象で、笑うとぬいぐるみみたいな男性でした。

 

後輩が昔結婚していた時の旦那さんは、シュっとしたイケメン系の男性だったので意外でしたが、二人そろって並んでいる姿は、本当にお似合いで幸せそうでした。

 

 

アプリでの出会いであっても、まっとうな出会いがあるんだ…。

 

という事実を目の当たりにしたその夜、私はアプリでの出会いについて調べ始めました。

 

#4につづく

 

 

 

恋愛が久しぶりなアラフォーの私でも幸せになれました!

20代(アラサー)で結婚・出産、そして夫の借金・DV・浮気で離婚。シングルマザーで走り続けた十数年。

気づけばアラフォー。

「一生一人…」と心の底で覚悟していた私が、友人の一言をきっかけに、ようやくー人の男性と出会うことができました。

「恋愛がうまくいかない…」「そもそも出会いが無い…」といったアラフォーや40代の女性に向けて、少しでもお役に立てればと綴っています。

恋をしたい。素敵な誰かと出会いたい。そんな女性の一助になれば幸いです。
遠回りした恋活が一変!アラフォー女性でも出会い恋人を作る本当のやり方>>

オニカワシブコ
バツイチの40代です。
数年間の恋活の末、アプリで今のパートナーに出会うことができました。
恋愛下手で不器用でも恋人と出会えるためにはどうしたらいいのか?について体験をを交えて綴っています。

▼詳しいプロフィール
関連記事