バツイチの恋活【体験談】

【アラフォーバツイチ】恋活きっかけ#5【恋活はアプリで?】

>>#1から読む

人生初のマッチングアプリの利用で、一時的にですが恋人を作ると言う経験をしました。

仕事が忙しくなり早々に別れてしまいましたが、ほどなくして繁忙期も収束。

しはらくお休みをしていた恋活、結構間があいてしまいましたが、再開することにしました。今度はもう少し、慎重に行こうと襟を正して。

 

2回目のアプリ利用はペアーズマリッシュでスタートしました。

 

ペアーズは初回利用した時に使い勝手が良かったイイネが沢山もらえた登録男性に変なプロフィール写真の方が少ない、という理由で再び登録です。

 

1つだけよりも複数利用したほうが良い、という情報をネットで見ていたのでもう一つ選ぶことにし、40代やバツイチ利用が多いということでマリッシュを選択しました。

 

マリッシュは、withやomiaiに比べるとイイネはもらいやすいのです…

が…、プロフィールを見る限りアプリに慣れていない(恋愛慣れしていない?)男性が多い、というのが正直なところでした。

 

例えば…、

自宅洗面台前での自撮り写真や、マイカー運転席?での自撮り写真。

自室での自撮り写真も多い。あふれ出る生活感で…。ただし、独身ですね、絶対に!ということが分かるのである意味安心かも…。

 

 

驚いたのは、お酒を自分は飲まないので、お酒を飲む人はお断りです。人生で一度でもお酒を飲んだことのある方、今後お酒を飲む予定の方は、いいねを返さないでください。

とプロフに書いている男性までいるという…。(ある意味、最初に価値観が合わなそうということが分かるので良かったかもしれませんが)アルコール依存と戦っている方なのかもしれませんが。。

 

犬が大好きで3匹と暮らしています。犬好きの方と一緒に慣れたらと思っていますが、うちの子は神経質なので、犬やその他動物を飼っている方はごめんなさい。

とか。この方はプロフがとても長かったので、サラっと目を通してマッチングしてみたのですが、要するに「自分は犬を飼っていて犬が好き」だから「犬隙の方と出会いたい」ただし、「恋愛」や「結婚」を考えた時には、うちの犬が神経質なので「うちの犬だけと同居する形にして欲しい」みたいなお話でした。

メッセージ開始してすぐに、犬好きの話題になり言われたことです(メッセージですが)。

 

偏りがあまりにも…。一般的なんでしょうか?ちょっと私には無理だなぁと。。

 

毎日連絡をくれないとダメ。自分(男性)がこんなにマメに返してるんだから、女性側も同じくらいのペースで返信をくれないと、この先が思いやられます的な…。圧のあるメッセージを送ってくる男性が多い…。(ごめんなさい。。それは無理ですとお断り…)

 

ああ、これはちょっと無理かも…。ということで、マリッシュは早々に退会しました。

 

とは言え、「毎日連絡を取り合いたい」「女性慣れしている男性は苦手」「朴訥とした誠実さに安心できる」という場合には良いと思います。

 

ペアーズだけでも良いかな、と思いつつも、「せっかくだから本気で恋活しよう」と思い、
東京カレンダー(略して東カレ)にも挑戦しました。

 

Facebookでよく記事広告が入っていたりして、美味しいレストランの紹介がされていて面白いし、友人も「東京カレンダー」のweb雑誌にイイネしていたし。と。

 

初回登録の際に、プロフ画像を顔写真以外で申請したところまさかの非承認(不合格)。笑

 

え?マッチングアプリって落ちることあるの?とおののき調べてみると、東カレに落ちたという書き込みをチラホラ発見しました。

 

改めて、顔写真が映ったもので申請してみると今度は何とか登録ができました

 

キラキラ港区系の恋愛には興味はありませんが、私は自分で仕事をしているので、自分で会社をやっている方との出会いがあると、自分も成長できそう、という期待も込めて。

 

ところが、まったくイイネは来ない

 

キラキラした経歴もなく、年齢も高いバツイチ女性にはかなりハードルが高いアプリなんだな…と思いながら、姉妹アプリ(?)である東カレロマンスにも登録してみることに。

 

東カレロマンスは、東カレの姉妹アプリで、40歳以上の男女向けのアプリということだったので。

ところが、こちらでもあまりイイネは来ない。マッチングしてもメッセージのやり取りはあまり続かない…。

唯一マッチングして何度かデートをした男性がいましたが…。ちょっとどうも違う。

 

エスコートはそれなりにしてくださいますが、モラハラ傾向のある男性でした。

自分の主張は絶対。丁寧な言葉遣いを心がけてくださるけれど、運転中に他の車に対して、罵詈雑言が出る…。

あと、食事に行くと、おススメ料理を紹介してくれるんですが、私の意見をほとんど聞かずにそのまま注文。自分の食べたいものを頼んで二人でシェア。

たまになら良いのですが…、毎回だと浸かれてしまうし、食べたいものを戴きたい。更にデートのお誘いがかなり頻繁。

ああ、無理…。。と言うわけで、お断りさせて頂きました。

 

 

ああ、あと、何かを口にするたびにトイレに行って歯を磨かないと落ち着かない(歯磨きに20分以上)とデートの時に何度も席を立つ方もいましたね。

清潔感はありますが、気疲れしてしまいます。。こちらの方もお断りしました。

 

その辺りから、気づきました。アプリの選択を間違えたということに。これは私が登録していてはいけないアプリだった。ということで1か月程で退会しました。

 

結局、2回目のアプリは4つ登録してみたものの、最終的にペアーズだけが残ったという形になりました。

 

本気で誰かと出会いたい、と思いアプリ恋活を取り入れてみましたが、うまくいくようでなかなかうまくいかないなぁ。というのがあの頃の感想です。

 

アプリ恋活は、出会いは沢山あります。出会い自体が無いと嘆いていた頃からしたら贅沢な悩みなのですが、少し「出会い疲れ」してしまいました。

 

出会う、メッセージのやり取りをする、デートする。なんだか違う…。

この繰り返し…。本当に出会えるのかな…。

出会い自体はあるけれど、私が望むような穏やかな関係を築けるパートナーって、アプリにいるんだろうか…。そんな不安(不満?)が心の中に浮かんだりもしていました。

そして、ペアーズ以外は退会しました。

 

しばらくはアプリにログインできそうにもありません、というメッセージをやり取り中の男性への返信に添えて、ペアーズでの恋活も少しお休みしました。

 

しばらくアプリ恋活をしないでいたのですが、久しぶりに友人から連絡がありました。

「シブコ、メール送ったんだけど、見てくれた?アドレス変わっちゃった?」

以前仕事で一緒だった同僚のうちの一人が結婚したので、身内だけで集まってお祝いをしようということになったそうです。

随分前に利用していたアドレスにメールをくれていたようなのですが、一向に返信が無かったので、仲間内の一人が電話をくれました。普段利用しないアドレスだったので、確認してから返信するねと伝え、お互いの近況報告をして電話を終えました。

 

電話を終えてメールを開くと、そこには、友人からのメールと、ペアーズからの通知が沢山来ていました。

 

そっか。登録するときにこのアドレスを入力していたんだった。。

 

結構間が空いているのに、ポツポツと「いいね」が来ているようでした。

久しぶりに覗いてみようかな。と言う気持ちになり、アプリを開きました。そして、何人かの男性とマッチングをしたのですが、その中に、当ブログでの密かな人気記事である、コロナ彼氏Nがいました。

Nはメッセージがとても上手でした。言葉選びも、メッセージの文章の運び方もとても楽しくて、彼からのメッセージが毎日楽しみでした。

年甲斐もなく、若い頃のような「男性を好きになる気持ち」を思い出しました。

デートで会うたびに、紳士的でユーモラスで、楽しい時間を過ごすことができました。

 

ペアーズで再び、この人なら…と思える男性との出会いがあり、2度目のアプリ恋活を卒業しました。

Nとのお付き合いが始まってから、「ああ、そうだ。恋愛ってこんなに楽しいものだった」と思い出しました。しかし、コロナによる緊急事態宣言。

お互いの仕事の先行きも見えない状況となり、デートも当然お預け。イレギュラー対応に追われ、連絡頻度も激減。結局、彼のフェードアウトに私が対応する形で、別れました。

 

Nは私にとって、とても魅力的な人だったので、連絡が取れなくなってしまった時にはとても苦しかったです。

 

余談ですが、コロナが理由で音信不通になってしまう彼氏さんって多いのでしょうか?当ブログへのアクセスに「コロナ 音信不通 彼氏」でご訪問される方が急増しています。(20201年2月現在)

とても辛かったです、正直。本当に。

でも、恋愛に依存したくない。自分を振り回す男性に執着しない。そう決めていたので、次の恋に進むことを決意しました。

 

Nへの想いや、Nを想う時間を、前向きなものに変えたいと思ったからです。

そして、いつまでもうじうじ考えていても、Nが戻ってくることはないし、もし戻ってきたとしても、連絡が急に取れなくなる、不安になるような関係は、私は望んでいない、ということに気づいたからです。

 

恋愛リハビリの最終着地点。Nとの別れをもって、そして、気持ちを切り替えることで、自分の幸せを考えられるように本当になったんだ、と思います。

 

#6につづく

 

 

 

恋愛が久しぶりなアラフォーの私でも幸せになれました!

20代(アラサー)で結婚・出産、そして夫の借金・DV・浮気で離婚。シングルマザーで走り続けた十数年。

気づけばアラフォー。

「一生一人…」と心の底で覚悟していた私が、友人の一言をきっかけに、ようやくー人の男性と出会うことができました。

「恋愛がうまくいかない…」「そもそも出会いが無い…」といったアラフォーや40代の女性に向けて、少しでもお役に立てればと綴っています。

恋をしたい。素敵な誰かと出会いたい。そんな女性の一助になれば幸いです。
遠回りした恋活が一変!アラフォー女性でも出会い恋人を作る本当のやり方>>

オニカワシブコ
バツイチの40代です。
数年間の恋活の末、アプリで今のパートナーに出会うことができました。
恋愛下手で不器用でも恋人と出会えるためにはどうしたらいいのか?について体験をを交えて綴っています。

▼詳しいプロフィール
関連記事