バツイチの恋活【体験談】

40代独身|プロ音楽家との【体験談】4「デートみたいな一日】の話(上)」

こんにちは、オニカワです。私の恋愛スイッチがようやく入り始めたころのお話です。

  • 40代のリアルな恋愛体験が読みたい
  • 成功体験じゃなくて失敗体験も知りたい
  • 恋愛が久しぶりだと「残念思考」になる大人女子の体験談を読みたい
  • プロの演奏家と親しくなる方法が知りたい

 

といった方に向けて綴っています。最初からお読みになりたい方は「出会い」からどうそ。

演奏会本番当日にずっと一緒にいるということ

レッスンの際に、先生の出演される演奏会のお誘いがあった。

これだけでも十分に嬉しいことで、これだけならばままあることなのかな。と思います。

なのだけど、ちょっと勘違いというか、浮かれてしまった理由と言うのが

リハーサルから見に来てもいいよ

という天にも昇るご提案があったから。

更に、リハーサル当日。

リハは夕方からだから、その前にレッスンしてご飯でも一緒に食べようか。

挙句、当日の本番もお席をご用意くださるということ。

ちょと…、私をそんなに喜ばせないでちょうだいよと・・

嬉しいけれどももうソワソワアワアワしておりました。

ありえない。。。。

勘違いしますよね?一日中デートじゃないか!?

恋愛初心者、ポンコツです。

朝から大好きな楽器の音色を聞きながら、レッスンを受ける。

ランチも年下の音楽家さんとご一緒(先生は私より年下という事が判明。同じくらいかなと思っていたら、結構お若かった…)。

会場まで同行してリハーサルを見学し、本番の演奏会も堪能…。

これだけでも大金をお支払いしなくてはならないのではないかと。今思えば。。

これは、恋しちゃいますよね?普通。年齢なんて関係ないと思うの。

当日が近づくにつれ、ラインのラリーも以前より多く…と言うか、毎日していました。当日の事やレッスンについての話題が主だったのに、次第に他愛のないやり取りが続いていました。

ああ、世の恋する女性たちは、こうやって日々トキメキをラインから補充していたのかと。

当日のお教室でのレッスンにもときめく

そうして迎えたデートもとい、課外レッスン当日。

この日は朝からレッスン。

今までは午後以降のレッスンが多かったので、慌てました。

お年頃なのであまり明るい日の元でお会いするのに抵抗が。

今更隠しても仕方ないのに。

前回からの課題を攫い、先生の模範演奏を聴き…

と、いつものようにレッスンの時間が楽しく過ぎていきます。

普段と一つ違うのは、せっかくだから少し長めに練習室を借りたこと。

レッスンが終わった後に、個々に練習しましょう、ということになっていました。

楽器を社会人でやっている方ならわかると思うのですが、練習できる場所が取れるときは、できるだけそこで練習をしたい、というものなのです。

私の子供のころはのべつまくなしそこいらじゅうでピアノやリコーダーや、吹奏楽部さん関連の練習を、気にせずしていたものだと思うのですが。

昨今は…ね…。

レッスンをいつもより長めにして頂き(先生ありがとうございます!)一旦終了。

指導いただいた箇所を攫おうかな、その前に一度お手洗いに行きましょうと練習室を出ました。

お手洗いから戻ると、もうそれどころではなくなった。

先生が、その日の演奏会の演目を攫っていたんですね。

もう、その音圧にやられてしまった。

私の個人練習なんて、別の日に練習室を借りればいくらでもできますが、先生の生の音を聞ける機会なんて早々あるわけではないのです。

ただの基礎練習であってもその音の伸びやかな事。

ただたら聞きほれておりました。

どうしよう、全然終わらない。デートみたいな一日(下)につづく

その他ポンコツ恋愛記事▶ポンコツ恋愛リスト

▼音楽家の先生にときめきかけたお話
1.出会いの話
2.初顔合わせの話
3.先生!それってデートですか?
4.デートみたいな一日(上)
5.デートみたいな一日(下)

 

【アラフォーの恋愛】どこで出会えるの?【向き不向き】を見極める投稿日:2020/09/07 更新日:2020/10/09 40代になると、いざ恋愛をしたいと思っても、出会い自体がない。 ...
オニカワシブコ
バツイチの40代です。
数年間の恋活の末、アプリで今のパートナーに出会うことができました。
恋愛下手で不器用でも恋人と出会えるためにはどうしたらいいのか?について体験をを交えて綴っています。

▼詳しいプロフィール
関連記事