出会い

出会いがないアラフォー【女性経営者】が本命の恋人を見つける為の方法

女性経営者の恋愛

アラフォーになるにつれて、出会いは激減していきますし、それが「女性経営者」であれば、尚のこと。

人との新しい出会いは沢山ありますが、「恋愛」を目的にした出会いは皆無と言っても良いのではないでしょうか?

既に「お見合い」「結婚相談所」などを検討されている方であっても、その出会いには毎月何万円というお金がかかる上に、出会い自体の数はそれほど多くない。

今すぐにでも素敵なパートナーと出会って、お付き合いしてみないことには、その先の関係だって分からないのに…。

そんな悩める女性経営者の方に向けて、どうすれば素敵なパートナーと出会えるのかについて解説していきます。

少し厳しいことを書きますが、確実に生涯のパートナーと出会うための方法も紹介しますので、参考にしてください。

アラフォー以上の女性経営者は恋愛弱者になってしまう理由

まず、「アラフォー以上」の「女性経営者」は恋愛弱者である、ということを認識していただく必要があります。

何故ならば、男性は、「女性を守りたい」という本能があります。そして、男性は「経済的に優位であること」や「地位があること」が「力があること」と考える人が多いからです。

「女性経営者」と言うだけで「自分より稼いでいそう」とか「役職が負けている…」と考えてしまい、恋愛対象から外されてしまうことが多々あります

まずはその点を認識しましょう。

可愛げが無いと思われてしまう

可愛げなんて気にしていたら事業はできません。女性経営者は常に「論理的」「合理的」「理性的」であることが求められます。

大人の人間としては素晴らしいことなのですが、能力が高すぎて、普通の男性からは頼りにされますが、「可愛い」「守りたい」と思われる機会を逃してしまっています

ヒモ体質の男が寄ってきてしまう

反対に、甘え上手な可愛げのある男性や、物腰の柔らかな男性からの指示は絶大です。

プライベートで出会う異性の中には「頼りになります」「凄いですね」と笑顔で近寄ってきて、楽しい時間を一緒に従る男性も現れます。

つい、そんな男性とのデートでは、お金を出してあげたり、仕事のアドバイスをしてあげたりしてしまいます。こちらは好意を持ってしていることでも、男性はあまりの心地よさに「何でもしてくれる女性」認定をされてしまい、恋愛に発展してもヒモ男のようになってしまいます。

能力がありすぎてダメンズに育ててしまう

ある程度まともな男性と出会あえたとしても、貴女の能力が高すぎてしまい、何でも自分がやった方が早かったり、うまくいくことが多いでしょう。

職業柄なのか、男性が動くよりも先に動いてしまい、なんでもやってあげることが習慣になってくると、相手の男性がどんどん貴女に甘えてしまいます。

頑張ることが常の貴女は、体調が悪くても、気持ちが落ち込んでいても、好きな男性に尽くしてしまい、それがいつしか当たり前になります。

最初は上手くいっていたはずなのに、気づけば自分が尽くしているだけの関係や、なんでも許してあげているうちに浮気されてしまう女性も多いです。

男性が勝手に引け目を感じてしまう

貴女の能力が高く、男性にも向上心がある場合、相手の男性がダメンズにならない代わりに卑屈になってしまうケースもあります。

「君は凄いよ」「アナタは強いから一人でも生きていける」と言われた経験はありませんか?

自立した貴女にあこがれてお付き合いが始まり、最初は男性も共に成長しようと頑張るのですが、貴方のペースに合わせようとして無理をして「疲れた」という事になり、ぽわんとした女性に心が動いてしまった…、別れに繋がっていきます。

甘えたいのに甘えられてしまう

お互いに好意を寄せあい、ある程度価値観も会う男性と出会うことができたとしても、経営者である女性は常に背筋が伸びています。

頼りにされることに慣れており、それが常ですので、つい、自分が甘えるよりも相手が甘えてくることの方が多くなります

自分も時には誰かに甘えたいのに、いつも自分ばかりしっかりしていなくてはいけない状況に、「こんなことなら自分一人の面倒だけ見ていたほうが楽なのかも…」と思ってしまうのも、恋愛がうまくいかない要因の一つです。

本命の恋人と出会うためには

ファッションやメイクを少しだけ控えめにしてみる

モデルや芸能人のような派手なファッションをしているわけではなとも、仕事柄もあり、同世代の女性よりは、上質でセンスの良いものに身を包んでいることでしょう。

ファッションやメイクを、ほんの少しだけクラスダウンしてみることをおススメします。

自分としては「ちょっと気分が上がるコーディネート」でデートや出会いの場にでているつもりでも、周りからすると、相当ファッションに力を入れている人以外からは「お金持っていそう」「自分とは釣り合わなそう」と思われてしまいます。

気分が上がる服装やメイクは、親しい友人との集まりや家族と会う時、一人で外出する際に取っておいて、好きな人や恋人候補と会う時には、自分の中での「気に入っているけど地味目」な装いで出向くように心がけましょう

出会いの場を厳選し、求める男性像を少しだけ妥協してみる

30代の頃までの恋人の求める理想像を一旦捨てましょう。

どうしても譲れない部分を2つか3つだけ条件にして、それ以外は一度目を瞑るくらいの思いで、恋活や婚活をしないと、本当の出会いはありません。

その代わり、妥協した事で出会える男性の中から、思いがけないような温和で優しい人との出会いが見つかります。

出会いの場を厳選することも重要です。

ポイントは

  • アラフォー以上の男性が多い
  • 既婚男性にハードルが高い場所(独身男性でないと参加できない場所)
  • 経営者や経営層・フリーランス男性がいる
  • ある程度、経済的に余裕のある男性がいる

といった場所で出会いを求めればよいです。

同じ目線や同じような経済観念で物事を見る男性の方が、デートを重ねていく上でも重要になってきます。

また、本格的なお付き合いになることを見越せば尚、価値観のずれが少ない方がうまくいくからです。

お付き合いが正式スタートするまでは複数の男性と関わりを持ってみる

女性経営者美人に多いのですが、「恋愛経験が実は圧倒的に少ない」ということを克服する必要があります

女子校出身だったり、仕事や研究に邁進しすぎて、恋愛をおろそかにしてきたという自覚が必要です。

若い頃の恋愛は「たった一人の人との恋」に重きをおいていましたが、アラフォーともなれば「何となくいい感じの異性」が何人かいる状態で、デートを重ねるのは普通です。

正式な恋人ができるまでは、複数の男性とデートやライン・電話でのやり取りを並行してみることも恋愛経験値を上げます

複数男性とのやり取りを並行することで、男性それぞれの良い点、悪い点が冷静に判断できますし、一人の男性からのラインの返信が少し遅いくらいでは気に病まなくなります。

非常に効率的かつ、合理的な恋愛経験の積み上げになりますので、実践しましょう。

デートの支払いを男性主導で見極める

男女問わずですが、経営者は会計時にお金を自分が出すもの、と思っている人が多いです。そして、それが習慣になっています。

そのため、デートであっても、割勘か下手をすれば自分が多く払っている女性さえいます。

年代にもよりますが、アラフォー以降の男性であれば、デート費用は自分が出すもの、と考えていることが多いです。

支払いについて、男性に委ねてみることも試しましょう。

あまりにも貴女に支払いを任せるタイプであれば、それはヒモ男になる可能性がありますので、お別れしましょう。

自分から告白をしてみる

自分から告白をしてみた経験はどれくらいありますか?

同じ仕事をしている男性や、趣味のサークルに所属している男性への告白であれば別ですが、そういった場に恋愛を持ち込むことは少ないはずです。

であれば、「好き」であることが自覚でき、その男性とのお付き合いを望むのであれば貴女からの告白は大いに効果的です。

どんなに関係が親密になっても、男性が同じような「経営者」でない場合は、男性側から告白してもらうには時間がかかります。なぜなら「俺でいいだろうか…」という引け目が少なからずあるからです。

貴女からの告白があれば、関係は一気に進展するでしょうし、恋愛経験をしっかりと積むためにも、実践していきましょう。

お付き合いが始まってから「本気」の「本命彼女」になるためには

自分のペースやレベルを相手に求めない

貴女は能力が高い、ということを自覚しましょう。

そして、相手の男性にできないことや、貴女よりも劣っている点があったとしても、それを「育てる」つもりで関わりましょう。

その点は、仕事での人とのかかわり方に似ていますので、応用すれば良いのです。

自ら動くとダメンズにしてしまいますが、貴方が「男性を育てる」視点で行動すれば、お互いに心地よい関係を築くことができます。

自分のことを大切に扱ってくれる人の愛情にのってみる

経営者と言う立場は孤独です。常に一人で考え、実行してきましたが、相手の男性が貴女を思ってくれている場合、一生懸命に工夫したり尽くしてくれます。

時には、それが煩わしく感じられることもあるかもしれませんが、相手が「貴女を大好きだから」している行動なのかを見極めて、受け入れてみましょう。

これまでの生き方と異なるやり方であっても、少し相手に寄り添いながら、手のひらで転がされてあげることを試してみると、案外うまくいくようになります。

相手の価値観を受け入れ、否定や教育をしない

相手の男性が仮に、あなたと同じ経営者であったとしても、「女性経営者」という存在は稀有です。そのため、どうしても他の女性よりは秀でてしまっている点が多い為、男性側としては「引け目」のようなものを感じてしまっていることがあります。

相手の価値観を否定せず、一旦受け止めること。そして、分かりやすい教育を施さないようにしましょう。

男性のプライドを尊重することを、お付き合いが始まったら意識しましょう。

ずっとでなくて大丈夫です。少しずつ関係が深まってくれば、自然と相手にも貴女の愛情が伝わっていきます。

自分の気持ちを素直に相手に伝える努力をする

最も苦手なことかもしれませんが、「自分の気持ちを『素直に』相手に伝える」努力をしましょう。

「〇〇が苦手」「〇〇してくれて嬉しい」「〇〇は少し寂しい気持ちになる」と言うような端的な伝えるようにしましょう。

そして、二人の間で問題になりそうなネガティブな事は、どうしたらそれが解消されるかのヒントの提示も併せて行うと良いです。

「〇〇が苦手なの」(素直な気持ち)

と伝えた後に続けて

「□□だったら大丈夫なんだけど…、どうかな?」

といった具合にです。

経営者として社会を歩んできた貴女は、人一倍、他者に合わせることをしてきているはずです。我が儘はいけないことですが、自分が嫌な気持ちになって迄相手に合わせる必要はありません。ましてや恋人に対して。

本音で貴女の気持ちを素直に伝える事、そして、どうしたら一緒にいる時間を楽しめるかの提示をすることで、たいていのことは解決できます。

貴女とのお付き合いが始まっている男性であれば、一生懸命に二人の時間を楽しくする工夫をしてくれます。

そして、素直に気持ちを伝えてくれることで「自分を信頼してくれている」と感じますし、どうしたいのかを伝えてくれる貴女は「可愛い」と思ってくれます。

自分の理想よりも、相手が自分を思ってくれている事実を大切にする

貴女を思って行動してくれている、という事実を大切にしましょう。

例えば、プレゼントに全く好みでないものを貰っても、一生懸命に考えて選んでくれた事実を受け取るようにしましょう。

アラフォー以降になってくると、価値観や好みがかなりはっきりしてきます。

それまでの人生を別に歩んできた他人同士の価値観がいきなり合致することは奇跡です。

歩み寄りあうためには、貴女から「貴方が私を思ってしてくれた〇〇はとても嬉しい」という事を伝える事。そして、時間をおいて「〇〇も良いけど、□□はもっと好き」と言った具合に、自己開示を柔らかくしていきましょう。

男性は、興味のないことへの関心が女性よりも希薄ですが、好きな女性の為ならば、一生懸命に情報をインプットしてくれます。

貴女の理想を捨てる必要はありませんが、付き合い初めは、理想は一旦端に置いておいて、目の前にいる男性が尽くしてくれている行為に重きを置いて接するようにしましょう。

恋愛経験の不足を自覚し、素敵なパートナーと出会うための一番の近道は?

  • 適切な出会いの場を選択する
  • 恋愛経験を積む
  • 正式な恋人ができるまでは複数男性とやりとりする
  • 同じような経済観・価値観の経営者層の男性を選ぶ
  • 恋人になる男性の条件を少し下げて、色々な男性と関わってみる

といった点を上げましたが、そもそも出会いがないから困っていませんか?

でも、上記の条件を満たす出会いが叶う場所が1つだけ存在します。それは、マッチングアプリです。

マッチングアプリには様々な種類があり、利用する世代も目的も同じように多種多様です。

その中で私がおススメする、上記条件を満たすものはペアーズというマッチングアプリです。

100以上のアプリを調査し、「コレだ!」と思ういくつかのアプリを利用してみましたが、上記の条件を満たし、以下の項目が当てはまる人には最適なのがペアーズです。

  • 本気で恋人と出会いたい
  • 普段の生活で恋人探しができる場所も時間もない
  • 会社経営をしているからか、良いなと思う男性からも「都合のいい女」にされてしまう
  • 素敵な男性だと思っても、会話のレベルが低くて楽しめない
  • お金目的ではなく、同じようなレベルで対等な恋愛がしたい
  • 同じような立場の自立した男性、例えば経営者の男性と出会いたい
  • 遊び目的の経営者はお断り
  • しっかり者の自分でも、時には安心して甘えられる男性と出会いたい
  • 付き合い始めると男性が卑屈になったり僻んだりして上手くいかない
  • 公私共に支え合える男性と出会いたい

経営者や資産家、収入の高い男性が登録しているアプリは東カレデートが有名ですが、東カレだと、モデルや芸能事務所登録の女性、CAなどが多く登録しています。

ライバルが強すぎる、と言うこともありますが、それよりは「綺麗な女性を連れて歩きたい」という事を目的としている男性が多いため、おすすめしません。

そして、他の真面目な恋愛を目的としたアプリ(Omiai、マリッシュ、with)なども利用してみましたが、本気でパートナーを探している経営者男性からのアプローチが多かったのがペアーズでした。

実際にペアーズでお会いした経営者男性は、どなたも紳士的で素敵な方が多かったです。

確実に出会うためには、まず行動してみる

マッチングアプリを初めて利用するにはいくつかの心配事がありましたが、まずは登録してみることをおススメします。

何故なら、女性は登録が無料だからです。

そして、心配なことは、登録後に確認ができるからです。

  1. 無料登録をする
  2. プロフィール作成前(写真未登録)にアプリを使ってみる
  3. 男性会員のプロフを見てみる(見放題です)
  4. 自分もやってみようと思えたら、自分のプロフィールを登録する

アプリの使い勝手が良くないなと感じた、登録男性に素敵な人が見当たらなかった、となれば、登録後に退会処理をすればOK。

自分の情報をアプリに入力することもなく、お金も1円もかからずに退会すれば良いのです。

やってみようと思えたら、「女性経営者」はこれだけは【注意】

もしも、アプリを利用してみよう!と思えたのならば1点だけ注意があります。

それは、「職業」「年収」の欄です。

「経営者」「〇〇〇万円」の登録は注意が必要です。

ある程度の規模の会社で、1,000万円以上の年収がある方は、空欄が良いでしょう。

ヒモ体質の男性が寄ってきてしまい、時間を無駄にします。

体験談

実は、私は小さい会社を経営しており、年収もそこそこあります。

アプリ初心者の頃は、正直に「経営者」と「実際の年収」を登録しました。

そうすると、ちょっと顔が綺麗で可愛げのある男性(6~15歳位年下)からのアプローチが多くありました。

本当に年上好きな男性もいたかもしれませんが、「年上に甘えたい系」の男性が多く、私の求める恋人増からはかけ離れたものでした。

その後、職業と年収の欄は空欄にしたところ、「甘えたい系年下男性」からのアプローチはなくなりました。

年下男性からのアプローチは減りましたが、ゼロではなくて、純粋にその他のプロフ情報からアプローチしてくれているものになった印象です。

女性は基本的に待ちの姿勢でOKです。登録後は、男性からのアプローチ(イイネという機能)にリアクションするだけで、メッセージ交換ができるようになったりします。

私は、アプリに懐疑的でしたが、今の彼とはペアーズで出会いました。

もう、お付き合いが始まってから1年が経ちましたが、とても大切にしてくれています。

彼との出会いに至るまで、アプリで色々な男性とのやり取りを重ねて、自分の人生に足りなかった恋愛経験を積みなおすことができました。

最初はおっかなびっくりで始めましたが、使ってみると少しずつアプリの事も、男性との出会いや、自分の恋愛に対する価値観なども分析・修正することができました。

今の時代は、気軽に恋活や婚活ができない状況ですが、アプリであれば自分の好きな時間に恋人探しができます。

そして、そもそも出会うことができなかったためにやり取りが叶わなかった、異性男性との日々のメッセージ交換ができるようになります。

そういった実体験を積み重ねる事、そして複数男性との同時並行が可能になるアプリ恋活だからこそ、冷静に自分の気持ちや、相手男性の人柄を判断することができました。

私は恋愛が久しぶり過ぎてしまったため、アプリを初めて利用してから今の彼と出会うまで、1年かかりましたが、人によってはアプリ登録後、数か月で恋人と出会えています。

ちなみに、私の彼は、アプリ登録は人生初で、アプリ登録から2か月で私と出会い、交際に発展しました。

そういう意味では、彼は、私よりも恋愛上級者だったのだろうな…、と思います。

私もコロナ前までは様々な場所に赴いて、パートナーとの出会いを探していましたがうまくいきませんでした。最終的にアプリにたどり着き、複数のアプリ利用をする中で、ペアーズが一番だな、と実感しました。

タイプによっては、別のアプリの方が合っていることもありますが、

  • 本気で恋人と出会いたい
  • 普段の生活で恋人探しができる場所も時間もない
  • 会社経営をしているからか、良いなと思う男性からも「都合のいい女」にされてしまう
  • 素敵な男性だと思っても、会話のレベルが低くて楽しめない
  • お金目的ではなく、同じようなレベルで対等な恋愛がしたい
  • 同じような立場の自立した男性、例えば経営者の男性と出会いたい
  • 遊び目的の経営者はお断り
  • しっかり者の自分でも、時には安心して甘えられる男性と出会いたい
  • 付き合い始めると男性が卑屈になったり僻んだりして上手くいかない
  • 公私共に支え合える男性と出会いたい

といった方は、ペアーズがベストです。

↓画像Clickで登録サイトへ↓

pairs3
with・Omiai・ペアーズ|アラフォーにおすすめな恋愛アプリはどれ?マッチングアプリのwith、Omiai、ペアーズをアラフォー女性が利用した際の感想です。どんなふうにアプリを利用すれば希望の男性に出会えるのか?自分にあったアプリを探すためのポイントをご紹介します。...
遠回りした恋活が一変!アラフォー女性でも出会い恋人を作る本当のやり方恋人が欲しいと思い立ったのが30代後半。出会いを真剣に探していたけれどうまくいかないまま40代に。40代が本気で恋人を作りたいと思ったらコレしかなかったのです。そして、今は彼と穏やかな時間を過ごせています。...
オニカワシブコ
バツイチの40代です。
数年間の恋活の末、アプリで今のパートナーに出会うことができました。
恋愛下手で不器用でも恋人と出会えるためにはどうしたらいいのか?について体験をを交えて綴っています。

▼詳しいプロフィール