片想い

40代で久しぶりの恋愛|知っておきたい7つのこと

40代で久しぶりの恋愛感情に戸惑ったり、好きになった人が40代で恋愛心理を知りたくて悩んだりしていませんか?

例えば

  • 久しぶりの恋愛って何からしたらいいの分からない
  • 恋をしたいけどやり方がわからない
  • 40代ってもう恋愛できないの?
  • 40代は不倫するしかないの?

といった、40代での久しぶりの恋愛についての悩みだったり

  • 40代のあの人の気持ちがわからない…
  • 40代の「脈あり」や「本気の好き」ってどんな感じ?
  • 脈ありっぽいけど本音はどうなの?進展させていいの?

といった、好きになった人が40代の場合の悩みだったり。

20代や30代の恋愛についてはよく語られるけど、40代の恋愛ってあまり耳なじみがありませんよね。

この記事では40代の独身の方が、どんなふうに恋愛について考えているのかをご紹介しいます。

本記事でわかること
  • 40代の恋愛に対する本音
  • 40代の恋愛の優先順位
  • 40代の恋愛行動
  • 40代の恋愛に潜む落とし穴
  • 40代が恋愛相手に求めること

となります。

  • 40代の人を好きになった方
  • 40代で久しぶりの恋愛に戸惑っている方

に向けて、40代の恋愛に対するスタンダードな姿勢をご紹介します。

また、40代男性を好きになった方には「40代男性の脈ありと本気行動」についての記事もあります。本記事最後にも改めてご紹介しますので、ご参考ください。

久しぶりに彼女ができた40代男性に読んで欲しい

↓  ↓  ↓

\40代男性に伝えたい「彼女が嫌うNG行動」/

40代の男性を恋人にする、「大人の男性が好きな彼女」。そんな彼女との関係を楽しく続けるために、知っておいて欲しいことをご紹介しています。

アラフォー世代の久しぶりの恋愛を、全力で応援します。

40代の久しぶりの恋愛は男性も女性慎重

40代・50代の恋愛事情ってどうなんでしょうか?

40代を過ぎると、周りにも既婚者が増え、また自分も仕事や趣味に忙しくなり、恋愛に割く時間も減ってきます。

仕事も要領よくこなせるようになり責任あるポジションに就き、それなりに毎日充実している

それでも、これからの人生を考えたときにパートナーがいたら…。
そんな風に思っても、あまりにも久しぶりの恋愛で、どうしていいか分からず困ってしまう人も多いのではないでしょうか。

また、いざ恋愛をしたいと思っても

  • 仕事と自宅の往復で出会いの場や時間がそもそもない
  • 職場恋愛で失敗してきた人間をたくさん見ているので失敗したくない
  • 休みの日は体のメンテナンスや家のことをするだけで終わってしまう
  • 一人で過ごす時間も欲しいので、もし恋人ができてもかまってあげられない
  • 若い頃であれば、どんなに忙しくとも体力も気力もあったが、今はそこまでの時間も体力もない

というのが現状でしょうか。
また、年齢を重ねて様々な経験や実績もある分

  • 気になる人ができても、どう接していったらいいか分からない
  • 好きな人ができたけど、迷惑だと思われたらどうしよう
  • 良い感じだとは思うけど、実際にどう思われてるのかいまいち踏み込めない
  • 誰かに相談したいけれど、今更恋愛相談なんて恥ずかしい
  • 相手のことは好きだけど、関係が壊れるくらいならこのままでいい
  • いい年をして恋愛の悩みなんて人に相談できない

あまりに久しぶりの恋愛すぎて、本人は本気で悩んでいるのですが、親しい友人に相談するには恥ずかしい。
ネットを見ても若い人向けの恋愛情報ばかり。

となるると、必然的に恋愛への優先順位が下がってしまう。
消極的であったり、慎重にならざるを得ない。これが現実です

40代で久しぶりの恋愛となった時の課題について、もう少し詳しく観ていきましょう。

40代は生活スタイルが確立されている

40代・50代の独身者は、生活スタイルが確立されています。これまでの生活スタイルを急に変えることが難しいのが現実です。

順にみていきましょう。

40代の【男性】生活スタイルと優先順位

40代男性と言えば、社会人としてのキャリアも長く、会社でもある程度の責任のあるポジションに就き、仕事にやりがいを感じています。

そして、さらにもう一段キャリアアップを目指そうと転職を考えたり、これからの人生をどう過ごすかを考えることも多くなります。

バツイチ・未婚に関わらず、40代を過ぎて独身の男性は、生活スタイルが既に確立しているため、恋愛をしたいと思っていても、仕事よりも恋愛の優先順位が上回ることは基本的には難しいと言えるでしょう。

男性の生活スタイルの中での優先順位

  1. 仕事
  2. 趣味や一人の時間
  3. 友達や会社の人、家族など親しい人との時間

自分の稼いだお金を趣味や友人との時間に自由に費やしたり、仕事で忙しい時は自分の考えを整理するのに一人の時間を大切に過ごしたいと考える傾向が男性にはあります。もちろん最優先事項は仕事であることを理解しましょう。

40代【女性】の生活スタイルと優先順位

40代女性も、20代や30代の女性に比べて仕事に対する優先順位が高い傾向にあります。

会社で責任あるポジションについていたり、プライべートで自分磨きをしたり、趣味にいそしんだりしている間に、恋愛への優先順位が下がり独り身で過ごしているということが多くあります。

そのため、仕事や自分磨き、女子会等を優先しがちで、恋愛の優先順位がなかなか上がらないまま年齢を重ねてしまうことが多く、仕事や自分磨きよりも優先順位が高まることが難しいと言えます。

女性の生活スタイルの中での優先順位

  1. 仕事
  2. 自分磨きの時間(お教室や美容)
  3. 女子会や趣味サークル、家族など親しい人との時間

女性も男性と同じく仕事の優先順位が上位になるでしょう。
また自分磨きの時間として美容や健康、またキャリアアップのためにお金を時間を費やす傾向が強いのが女性の特徴でしょう。

40代の男女ともに優先順位が共通

男女ともに、独身の場合は

  1. 仕事
  2. 自分の為の時間
  3. 親しい人との時間

という順番になることが多いです。仕事以外の時間を一人で過ごすことに慣れていますし、お一人様での楽しみ方も熟練しています。

何年、人によっては10年以上シングルライフを過ごしていますので、よほどのことがない限り積極的に恋愛に前向きになることは少ないです。

では、40代の人に恋をした場合、まったく希望がないのか?と言うと、そうではありません。

本ブログのタイトルにもありますが「40代で久しぶりの恋愛」つまり「40代でも恋に落ちる人」もいれば、「40代だけど恋をしたい」と思っている人もいます。

40代との恋愛を進めるにはどうしたらよいのかについても、少し触れておきます。

40代の恋愛への想いと姿勢

40代の男女は、どんなことがきっかけで恋をしたり、婚活を始めたりするのでしょうか?

「恋をしたい」気持ちになることはある

40代になると、上手に時間を一人で使うことができますし、感情のコントロールも上手になっています。

しかし、ふと、「あれ?」と感じる瞬間があります。日常的に。

仕事がうまくいっているのにもかかわらず、週末にルーチンワークを終え、早い時間からリビングでお酒を空け寛いでいる時に

私も…パートナー…、欲しいかも…

と思ったり

仕事中のふとした休憩時間に

恋人のいる人生も、考えてみようかな…

と思ったり。

こうした小さな積み重ねが心の中に折り重なっていき、何かのきっかけで、「自分も幸せになりたい」「誰かと時間を共有したい」と強く思うようになります。

40代の恋愛への姿勢

40代の男女は、「仕事」「自分の立場や責任」を最重要視します。

日常生活の中での「立場」は、職場であったり趣味の集まりや習い事の場のものと様々ですが、その中における自分の立ち位置を理解し、守ろうとします。

仕事は最優先ですから、職場においては「立場」と「責任」を優先させます。

ですので、好きな異性、気になる異性がいたとしても、なかなか、これまでの関係性に重きをおいてしまい、自分からは積極的にアプローチすることができません。

40代と恋愛をするためには

「恋愛をしたいけど」「立場や責任があるからできない」という相反的な心理の40代と恋愛するためには、いったいどうしたらいいのでしょうか?

それは、ゆっくりと関係を築いていくことです。

  • 接点を少しずつ増やす
  • 共通の話題を探す
  • 共通の話題を深めて質問したり教えてもらう機会を作る

 

こういった形で少しずつ接点を増やしていきながら、連絡先を交換したり、食事に誘ったりすると良いでしょう。

ザイオンス効果といって、接触機会が多い人や物に、人は好意を持つという心理現象があります。

そうした機会を沢山設け、好きな人との関係を深めていきながら、少しずつ親しくなってゆけば良いです。

好意・脈あり・好きな人への態度や行動

気になる人ができたり、恋をしたいと思ったけれど、久しぶりすぎてわからない。

相手に好意はあるのか。脈ありなのかが気になりますよね。こちらでは40代独身男女の態度や行動についてご紹介します。

40代の恋愛心理や態度

結論を先に書きます。40代・50代の独身者の「好意」「脈あり」「好き」からくる行動は、全部同じだろう。ということです。

  • 好意:なんかちょっといいな。気になる
  • 脈あり:好きかも。恋愛対象っぽい感情
  • 好き:好き。恋人になれたらいいな。恋人にしたいな。

 

上記のような感情「好意がある」「脈がある」「好き」については、40代、50代の男女は、どの感情であっても行動にはあまり差がありません。

これも、この年代のこの年代の特徴です。

なぜなら、社会人として経験を積み、自分自身の感情をコントロールすることができるからです。

先ほども書きましたが、大人として「恋愛に感情的になってもいけない」「もし実らなかったら恥ずかしい」といったプライドや対外的な感情抑制が働いてしまい、恋愛に対して慎重にならざるを得ないからです。

最終的にお付き合いする頃や、正式なお付き合いが始まっればお話は別ですが、お付き合いする前段階での感情としては、「ちょっと気になる人」「好意がある人」から「恋人」の初期段階までは、さほど感情の大きさに違いはありません。

40代男性の「脈あり」「本気」の行動と関係を発展させる方法アラフォーの男性に恋をした。なかなか進展しない関係をどうやったら深められる?脈あり行動や本気になった時の言動は、40代男性には特徴があります。 是非正しく理解して、素敵な恋愛に発展させましょう。...

40代の恋愛に潜む落とし穴


婚外恋愛に注意しましょう。

これは特に女性に多いかと思います。

せっかく恋愛スイッチを入れたのに、既婚男性を選んでしまう(選ばれてしまう)ケースがあります。

独身の男性との恋愛を望んでいても、40代や50代の独身の男性は、恋愛に対して慎重です。

対して、既婚男性の中には結婚している余裕から、恋愛に積極的な人が一定数います

既婚男性特有の魅力に引き込まれて、後戻りできなくなりズルズルと時間を無駄にするケースもあります。

特に、40代独身で暫く恋愛から遠ざかっていた人は、注意しましょう。

私も、恋愛スイッチが見つかる頃、見つかった頃、魅力的な男性とのやり取りに浮かれていたら既婚者だったということが沢山ありました。

40代が恋愛相手に求めること

40代の独身者が恋愛相手に求めることは一体何でしょうか?
若い頃とは異なり、自分の人生観や生活スタイルが構築されてきた、大人の男女がパートナーに求めることを見てみましょう。

仕事への理解

何をおいても仕事への理解。最重要、と捉えても良いでしょう。

生活をするためでもありますが、自分自身の評価であったりやりがいをもって仕事に挑む人が多いのも事実です。

仕事への理解があることが、男女ともに必須条件であると言えますし、また、仕事の話もできる女性をパートナーに望む男性も多いです。

実際に、私の彼は、仕事の相談を私に持ち掛けることがあります。

お互いに仕事への理解を示し、それに甘えることなく相手を安心させてられるお付き合いを心がけることで、より一層信頼関係が築けます。

中には仕事をプライベートとは完全に切り離している人も(男女ともに)いますので、その場合は「意見を求められた場合にのみ、『私の場合は』と伝える」だけで良いでしょう。

経済的に自立していること

経済的な自立をしていることも重要な要素だと思います。

少し前までは、女性がパートナーに経済力を求めることが多い印象もありましたが、40代以降の恋愛においては、男女ともに、ある程度の経済力をお互いに求める傾向があります。

反対に、相手に求めているにもかかわらず自分に経済力がない人は、選ばれることが難しいでしょう。

これまで一人でしっかりと生きてきた人であれば、この辺りはあまり問題になりません。ここで言う経済力とは、表面的な年収ではなく、一般的な生活レベルが維持できており、貯金もそれなりにできていること。

そして、経済的価値観が常識的な範囲である、もしくは相手と同じような価値観であるということも重要です。

今の40代は、バブル世代やバブルがはじけた直後の世代であるため、「男性が支払いを多くする」といった考え方の人もいます。その場合は、相手と相談して決めていけば良いでしょう。

精神的に自立していること

精神的な自立も重要な要素です。

久しぶりの恋愛となると、浮き足立ったり、どうしていいか不安になったりすることもありますので、注意が必要です。

先にも書きましたが、40代となると既に生活サイクルが確立されていますし、仕事が最優先です。

お互いに好意を持ち、逢う日が増えてきたり、お付き合いすることが決まったとしても、プライベートの時間の多くを相手に割いてほしいと願ったりすると、負担になります

相手のペースを見定めながら、自分のこれまでの生活のペースを崩さずにゆっくりと距離を縮めていく方がいいでしょう。

それができずにいると、自分で自分の面倒も見れない人、という印象を相手にも与えてしまいますし、関係自体がダメになってしまいます。

40代の恋愛ですから、落ち着いたお付き合いになるように関係をゆっくりと深めるのが良いでしょう。

まとめ

40代・50代となると、若いころのように時間や体力がなくなってきます。

恋愛の優先順位自体は高くはなりにくいですが、本気で恋愛に向き合おうという人と出会えると、丁寧に人間関係を構築していきますので、穏やかなパートナーとしての関係が築けます。

  1. 40代は恋愛に慎重で臆病
  2. 相手の生活スタイルを尊重する
  3. 好意、脈あり、好きは大きな差がない
  4. 既婚者には注意
  5. お互いの仕事への理解
  6. 経済的・精神的な自立

特に、3番目「好意がある・脈あり・好きからの言動に大差ない」ということが頭に入っていることが重要です。

好意的な関係が築けていれば、少しずつ距離が深まり、お付き合いに進展することが可能だからです。

大人の恋愛は、若い頃のような勢いはありません。しかし、ゆっくりとお互いを尊重し合いながら信頼関係を深めることで、穏やかなパートナー関係に発展します。

意中の人がいる場合は、焦らず時間をかけてその気持ちを大切にしてください。

>>出会いに関する記事一覧

>>片想いに関する記事一覧

▼バツイチ男性との恋愛記事一覧

【アラフォーの恋愛】恋人ができないのは「自分に合わない恋活」をしているから真剣に恋活や婚活をしているのに恋人ができないのは、あなたに合った恋活をしていないから。人それぞれの向き不向きや性格があります。自分に合ったフィールドで素敵な出会いをする方法を解説します。...

バツイチで40代の私が何年も迷走した末に恋人と出会えたのはコレだった

あの4年間の出会えなかった時期は一体何だったのだろう。マッチングアプリなんて怪しいから嫌だと思っていましたが、後輩の後押しで登録。

すると、わずか1年足らずで今の彼と出会うことができ、交際1年を迎えようとしています。お互いバツイチで子供がいることもあり、再婚は今のところ考えていませんが、将来子供たちが落ち着いたら、一緒に住めたらいいね、なんて話もしています。

アラフォーは出会いがなく、バツイチや子持ちとなると恋愛に消極的になりますが、40代でバツイチ子持ちの私にも素敵な出会いがありました。

また、今の彼に出会うまでにも沢山の男性と出会えたことで、少しずつ恋愛力が付いたのもマッチングアプリのメリットだと思っています。

本気で出会いたいけど「出会い自体が無い」と思っている方は、ぜひご一読ください。

遠回りした恋活が一変!40代バツイチでも恋人と出会える超現実的な方法はコレだった!

おまけ【体験談と異性慣れするおすすめ方法】

私はリアルでの婚活も頑張りましたが、今の恋人との出会いは(健全な)マッチングアプリでした。

合計で3回。間を空けながらですが、いくつかのアプリを利用してみるうちに、少しずつ男性とメッセージのやり取りをすることで、恋愛のリハビリができました

アプリ初心者の頃はかなり効率も悪く、正直疲れてしまうこともありましたが、「出会いがない」「異性慣れしていない」方には特におすすめです。

マッチングアプリは、いわゆる「遊び目的」のものから「真面目な恋愛や婚活」のものまであるので、利用には注意が必要です。

それでも、きちんと調べてからの利用であれば、異性慣れするのに活用してみるのは大いにありだと思います。

【マッチングアプリ初心者】アラフォー女性の【アプリ体験談と結果報告】アラフォーで恋活を始めてみたものの出会いがないことに愕然。マッチングアプリを調べ上げて実際に複数アプリを利用し、恋人ができました。 経緯や使用した時の印象についてご紹介しています。...
40代男性の「脈あり」「本気」の行動と関係を発展させる方法アラフォーの男性に恋をした。なかなか進展しない関係をどうやったら深められる?脈あり行動や本気になった時の言動は、40代男性には特徴があります。 是非正しく理解して、素敵な恋愛に発展させましょう。...

https://onikawa.net/archives/1749/

オニカワシブコ
バツイチの40代です。
数年間の恋活の末、アプリで今のパートナーに出会うことができました。
恋愛下手で不器用でも恋人と出会えるためにはどうしたらいいのか?について体験をを交えて綴っています。

▼詳しいプロフィール
関連記事